スイス留学FAQ ボーディングスクール編

スイス留学FAQ ボーディングスクール編

1.子供をスイスに留学させる利点は何ですか?

①“小さい子には旅させよ“と云う通り、小さい頃から感受性を刺激し、たくさんの経験をさせることで見聞が広がり、一面的な視野から
多面的な視野を育む
ことができます。

もちろん、本人が本当に嫌がっているのを無理やりにさせるのは、どうかと思いますが、本人が少なからず、海外に行ってみたいという意思があれば、外国語や外国人との接触に慣れさせることは、日本の中で日本語しか使わない環境にいるのとは、全く違う感覚を体で覚えるものです。

当然、すべての子供に留学せよ、とはいいませんし、何歳からの留学なら大丈夫、といった明確なものはありません。独立心があるお子さんならば、比較的早い時期からでも検討する余地はあると思います。

②日常生活で、塾と学校、そして習い事を往復というような生活環境の中にいると、多様性(ダイバーシティ)は芽生えません。
それが、外国人が周りにいて、外国語をしゃべる環境の中に放り込まれることによって、日本にいるときの英語学習で、インプットだけの外国語習得法だったのが、アウトプットも瞬間的に行うことで、つまり会話の積み重ねをしていくことで、脳の中に英語であれば、英語脳という英語の引き出しが一つ増えることになります。

③スイスの場合、子供たちや学生が様々な国から留学に来ているので、同じ立場、つまりフェアな形で英語を習得していくことができます。
英語圏と異なり、その国の支配言語が英語ではない、アクセントがないという、ある意味、ニュートラルな環境で、国際性を身につけられるからです。
学校から一歩出れば、人々はフランス語やドイツ語を話していますから、それらの言語への接触もあり、第二外国語言語学習への興味も出てくるでしょう。
学校によっては、第二外国語が必修のところもあります。

スイスでは、世界からの子供たちを、設立から100年以上のボーディングスクールが受け入れてきた歴史があります。
問題児や優等生など、様々な子供達を学校の教師が面倒を見、また、寮で世話をするスタッフは、24時間体制で世話をしています。各学校の方針、何歳から受け入れているか、どんな学校の特徴があるのか等、よく検討しながら、ご相談ください。

スイスは、ヨーロッパの中央に位置することから、遠足や観光などで、隣国へ行くには汽車やバスでも行ける近距離にあります。飛行機でも1時間程度で、パリ、ミラノ、ミュンヘン、ウイーン等の都市に行け、欧州の文化的歴史的側面にも触れられます。多くの学校では、教師が引率して、修学旅行やイベントでヨーロッパの都市を訪ねます。

2.子供を外国の学校にやってしまうと、外国人になってしまい、日本人らしさを失うのではないか、心配です。

正直、あまりに早すぎる時期の留学は、個人的意見として、どうかなと思っています。アイデンティティの問題があるからです。
ただ一方で、スイスのボーディングスクールでは、概して、夏休みや冬休み等、まとまったお休みが多いので、子供たちも年に数回は日本に戻って来ます。普段勉強するときは勉強するが、休む時は休んで休暇をうんと楽しむという、メリハリが日本で学校生活のリズムとは少し異なっています。

例えば、帰国子女の例をとってみると、彼らがずっと生涯その国で住んできたわけではなく、一時的に何年間かを外国で過ごし、その後日本へ帰国し、日本の学校や社会に入っていく過程があります。日本へ戻った時に改めて、日本と外国の違いに気づかされ、少しずつ慣れていくうちに、日本人としての振る舞いを自分で身につけていきます。

留学は、人生のうちの一過程として長い目でとらえれば、日本にその後住んでいくうちに、自然と周りに馴染んでいきます。もちろん、それには、本人の努力も欠かせませんが。
また、逆に云えば、日本への愛国心、日本の良さを本当に実感するのは、外国に住んだ経験があってのことです。
更に、両親や家族への思いも、離れてみることで初めて、実感できることがあるでしょう。

 

3. 10歳以下で、スイスボーディングスクールへ一人で送ったので、親として心配です。

心配なのは、当然です。私自身も自分の子供をボーディングスクールへ送ったり、別の海外へ一人で行かせた経験から、心配はつきないというのがよくわかります。

①まず、お子様が小さいうちは、特に、お母様から連絡を定期的に取るように習慣化しましょう。
学校寮の責任者と話して、何曜日の何時には必ず、親から電話やスカイプが来ることをセットする様にお話し下さい。

②学校では、年に父兄会が何回か行われます。お子様が小さかったり、入ったばかりのうちは、なるべく参加するようにしましょう。
親が心配して、見守っているよ、ということを示して、寄り添ってあげましょう。色々な意味で、スイスへ行って、先生、寮責任者、と会い、その環境を理解し、本人と会って話すことはとても重要です。

③父兄会やイベントなどで、同級生の父兄と知り合うことも、大切です。お互いに情報交換が出来たり、同じ境遇ということで有意義です。
  休み中に日本へ帰国するフライトで、一人親がついて行ける場合など、便利なこともあります。

④相談事は、学校担当者に連絡を取りますが、それでもうまくいかない場合には、現地エージェントを利用しましょう。
  宣伝というわけではないのですが、私ども現地エージェントは、現地学校をよく訪問している為、担当者とコミュニケーションを頻繁に取っています。

 

4. 欧州のテロが心配です。

欧州=テロが危険と、日本では、欧州全体がテロの脅威に晒されていると過激報道がされている様に思います。
まず第一に、実は、欧州から日本へ行く方が、よっぽど脅威だというのが、私を含め、こちら欧州に住んでいる人達の実感です。
なぜなら、北朝鮮の脅威があり、丁度日本海周辺を欧州からの飛行機が通過していたりするからです。

次に、欧州のテロについて考えると、スイスの場合、他国と比べて安全ということが言えます。

その理由は、

① スイスのボーディングスクールは、都市にはなく、殆どが田舎の山間や、高台の風光明媚な場所にあります。
日本からのお客様が実際に言われたのは、「スイスで、テロにあっても、牛にぶち当たるのが落ちですね。」でした。

 
② 学校でセキュリティには気を配っており、外部の者が簡単に入れない様に、正面入り口や寮等はロックされています。

③ 元々、フランスやイギリスの大国の様な都市はなく、ゲマインデ又はコミューンと呼ばれる、市町村に細かく分かれている為、周囲や近所の眼があります。

④ ベルギーと比べた場合の違いは、ベルギーで事件の起きた場所は、外国人居住地区(ゲットー)だったそうですが、スイスでは、外国人ばかり住む地区というのはありません。これは、昔から安全政策の為にそうしてきたというのを聞いたことがあります。

⑤ スイスでは観光にも力を入れていることから、テロ対策に必死である、というニュースを地元の新聞でよく見かけます。最近では、大学の専門家と提携して、テロ対策を行っているというのを読みました。

実際には、市場や祭りの大勢の人が集まる場所には、コンクリートで遮断する防御が置かれていたり、街頭や汽車、駅構内などにビデオカメラが更に設置されたり、公衆の場所(駅やショッピングセンター等)では、セキュリティ警備を増員した、といった具合です。

⑥ 駅などで身元がわからない荷物や段ボールは、すぐに処理されてしまう為、逆に、うっかり自分の荷物をその辺に置いておくと、怪しいと思われて、持って行かれてしまいます。実際にそういう光景を見たことがありますから、荷物から離れない様に注意しましょう。

      

5. スイスのボーディングスクールに合格出来るか心配です。

 お子様の留学では、一般的には、まず、どの国を選ぶかを決めます。あるいは、その学校がいいということで、国は後に来る場合、そして、最初からその国と何らかの繋がりがあって、その国に決める場合もあります。

 多くの親御さんが、スイス・ボーディングスクールの入学プロセスを日本の学校の受験の様に考えられている方が多いです。日本の私学へ入学する場合との大きな違いは、試験の点数や日本の学校の成績だけで合否が決まらないということです。
スイス・ボーディングスクールのアドミッションのスタンスは、日本での学校の成績表やテストの結果にも、もちろん目を通しますが、それ以外の、学校での行動評価、健康状態、面接で会った時の印象、受け答え、態度、学校の勉強以外で、何に関心・興味を持っているか、
スポーツ、音楽(楽器など)、アート、趣味などについても尋ねます。特に、その子供の得意分野、才能、個性というところに焦点を当てます。

 子供の今まで暮らしてきた環境、家族環境というものはもちろん、なぜ、家庭環境を離れて、遠い海外の寮生活を希望しているのか、をじっくりと尋ねます。そして、なぜスイスのボーディングスクールか?というところも、聞かれるポイントです。
本人が本当に寮生活を希望しているのかどうかを見るのは、特に重要で、親からただ強要されていると、モチベーションが弱く、成功する学校の寮生活が送れないからです。
その為、自主性がある子供であることは、プラスポイントとなります。

 また、そのお子さんが、この学校で、どんな目標をもって励むのか? 将来の質問も尋ねます。
子供の方向性、これを~やりたいという意思、そして、その先にある目標が一致しないと、海外留学はうまくいきません。

 つまり、子供時代を遠く離れた、ボーディングスクールという寮生活で暮らすことが、その子供にとってプラスに働かなくては意味がないからです。そういう意味で、子供の持っている素質と、そして、これからの子供の先行きを考えながら、子供、親、学校の担当者が、
face to faceで面談をする、という感じなのです。

 更に言えば、そこへ、私どもの様な、現地からのエージェントが入ることで、彼らのコミュニケーションをよりよいものにして、互いに満足が行く様に、働きかける、寄り添ったお手伝いを致します。
日本に比べると、個人主義の強い欧州の私立寮制教育では、自主性や独立心が、特に推し進められ、自分から率先して行動したり、学習することが成功の留学のカギとなります。