無料資料請求はこちら

スイス留学に関する資料を、ただいま無料配布中です。









What's New

  • 2018年10月末〜11月23日まで東京都内に滞在予定です。

    スイスの学校担当者との面談もお申込み頂けます。お気軽にご相談下さい。
  • 2018年6月7〜9日東京都内に滞在予定です。 スイス留学のご相談、承ります。メールでご連絡下さい。

  • 2018年 4月10日(火)〜22日(日)東京都内に滞在予定です。

    スイス留学のご相談、承ります。メールでご連絡下さい。
  • 2018年 3月2日(金)〜12日(月)東京都内に滞在です。

    スイス留学のご相談、承ります。お気軽にご連絡下さい。
  • ロゼ・サマーキャンプ、ラ・ガレンヌサマーキャンプは、10月から申し込み開始しています!


  • *法人企業様へ、
    日本からのグループ受入れ&
    現地サポートも承ります。

    ご希望に応じて、現地校と
    オリジナルプランを作成致します
  • *2018年夏季アルバイト募集中!

    日本人グループ添乗員及び個人の方の現地サポートのバイトです。 募集条件: 1.スイス労働許可証所持。
    2.英語又は仏語が出来る方(両方なら尚良い)。
    3.モントルー、ローザンヌ近郊お住まいの方。
  • 仕事:日本の子供達の現地サポートや、翻訳等。
  • 連絡方法:CVと「今までとこれから」というテーマで、どんな内容
    (仕事、生活、人生、家族、趣味、、)でも構いません。300字以上の
    文章を添えて、下記メールアドレスへ送付下さい。
  • 送付先:info@swissjapansupport.com 近藤まで。
  • 2014/6 スイス留学FAQ ボーディングスクール編  スイスについて、よくある10の質問を追加しました。
Swiss Japan Support 代表 近藤 美穂

あなたの目的を達成する為のお手伝い、充実した留学又は海外生活を応援します。スイス留学経験者が、本人・保護者の視点から、スイス留学のご相談等を承ります。

  

スイス留学専門のSwiss Japan Support 代表 近藤 美穂



選ばれる理由

スイスジャパンサポート、他では見られない5つの特徴

要らないコストを省いた実質主義で、手ごろな価格で、留学相談&サポートをします。

当社では会員登録料などは一切かかりません。相談料も、すべて其々のサービス料金に含まれています。ご自分で入学申請をされる方には、単発サポートのみの申し込みも可能です。 この留学の動機・目的は一体何なのか?決定後、充実した留学生活を送れる様、まずはそこをよく明確にされてから、相談してみてください。その目的を達成した後の自己成長は、絶対にお金では代えられません。

スイス現地のエージェントが相談から留学まで一貫サポート。

現地サポートだから、留学中の緊急時など、即対応できます。そればかりではなく、提携先、如何に関わらず、現地の学校と信頼関係を維持し、アップデイトな情報をお客様に提供します。学校側が気づいた、日本の留学生の傾向や課題等についても、今後に役立てていきます。オフィスは、チューリヒから電車で15分のところにあり、電話、メール、スカイプにて対応いたします。

スイス在住23年以上の留学体験者スタッフが、本人・保護者両方の立場を考慮しながら、ご相談に乗ります。

ドイツ語圏とフランス語圏、現地での計15年間の会社勤務の経験を生かして、土地勘があるコンサルタントが、自身の留学体験とスイス生活経験を軸にご相談にのります。更に、自身の子供がボーディングスクールを卒業し、サマースクールの体験から、母親目線も念頭に置きながら、ご相談承りますので安心です。

世界的に有名でしかも、質の高い学校の中からお子様に合ったプランをご提案。

スイスには、100年以上もの間、世界の貴族や著名人等の子息子女を送り込んできた歴史ある寮制学校がたくさんあります。その中で、勉強の中身を重視した学校、こじんまりしたアルプスにあるアットホームな学校など、選択は様々です。提携先如何は問わず、お子様やあなたの希望に沿った学校をお教えします。

留学後も安心の全力サポート。

特に、18歳以下のボーディングスクールをお考えの方には、将来を見据えた長期的視野で、“留学=教育投資”を決定することをお勧めしています。

なぜ、スイス留学? スイス留学7つの特徴

はじめに

スイス留学の情報は、日本では一般的にはあまり知られていません。しかしながら、学校の質が高いのが特徴です。その証拠に、スイスの大学には、多くの国からの留学生が増えています。
欧州の中央に位置し、公用語が複数存在すること、外資系企業、特に欧州本社が多く立ち並び、国際性豊かな土地柄です。隣接する大国と違う点は、1言語1カルチャーに捉われず、言語の強制感があまりないこと。スイス人自身、3カ国語から5カ国語を操る人が珍しくないという環境です。

つまり、自国のカルチャーとアイデンティティを背負ってこそ、外国語を話す意義があるという、自主性に委ねられた教育こそ、この国で、留学による、国際性を身につける要素だと思います。英語圏とは違った、ヨーロッパや他国からの若者と交流する体験する持つことで、グローバルな感覚が身につきます。もちろん、欧州の歴史文化にも触れて、ついでに観光をして帰ってくるという醍醐味もあります。

また、隣国の都市へ留学するのと比べて、何よりも安全性が高いということです。これは、ゲマインデという市町村が、小規模に区切って管轄されていることから、比較的周囲の眼があり、大都市にあるような犯罪が起きにくいという環境によるものと思われます。 また、鉄道網が発達しているので、簡単にスイス国内を移動でき、もちろん欧州の隣国へ行くにも近いです。更に、スイスアルプスなどの自然豊かな環境から、週末には簡単に、スキーやトレッキング、ハイキング等のスポーツが楽しめます。

1.

具体的に、例えば、なぜアメリカへ留学ではなく、スイスか?という質問には、私はこう答えます。“私は若い時にアメリカに留学して、今スイスに住んでいます。自身の経験からもそうですが、米国と比べて、欧州の方が、様々な言語や歴史文化のモザイクで、近づき難い感じがしますよね。だから、先に、若く柔軟なうちに、欧州を経験してください。米国やイギリス等の英語圏や、アジアは、後で、大人になってから訪れても、遅くはありません。比較的、簡単に訪れることができます。先に、英語以外の言語を勉強すれば、あるいは、英語と並行して欧州の言語にも触れることで、ゆくゆくは、世界がもっと広く見えてくると思います。”

2.
18歳以下のボーディングスクールの場合、10代以下の低年齢層からの留学が可能です。安全、安心、国際性、そして豊富な自然環境から、100年以上も前から、世界から著名人、政治家の子息、貴族等を受け入れてきた歴史があります。寄宿舎では勉強だけでなく、スポーツや芸術活動も盛んです。

同じく小学生〜18歳の若者の為に、やはりボーディングスクールが行っている、短期留学のサマースクール、ウインタースクールがあります。世界からやってくる子供たちと語学習得(英語等)とスポーツ(テニス、ゴルフ、ヨット他)、そして遊びを通して、交流を深め、異文化体験をします。

3.

スイスのホテル学校は、観光立国らしく、100年以上の歴史があるホテル学校があります。その世界的なネームバリューで、ホテル経営陣の多くを輩出しています。生徒そして、教師共に国際性豊かで、実践とセオリーの両方をホテルマネージメントの視点から学べるのが特徴です。卒業後は、世界の有名なホテル等で活躍できます。

IMDという世界ランキングが常に上位のビジネススクールがあります。教授陣も国際的で、MBAコースの他に、Executive MBA,そして、企業向けテイラーメードの研修講義を受講することも可能です。

4.

大学については、スイスにはドイツ語圏、フランス語圏、そしてイタリア語圏を合わせて、10校の州立大学と、2校の連邦工科大学、8つの専門高等大学校と15の教員養成大学校があります。最近、米国と英国を除いた世界の大学ランキングでは、チューリヒ工科大学が、上位を獲得しており、外国からの学生が増加しています。まずは、あなたの大学で、スイスの大学と交流制度があるかどうかをチェックしてみてください。大学入学時には、外国人学生の為の言語(独語又は仏語)習得の為の準備コースがあります。学士、修士(博士)課程卒業に向けて学ぶことができます。その他、大学間の交換留学制度や政府の奨学金制度もあります。更に、大学教授が研究の為に来るサバティカルイヤーもあります。又、チューリヒにあるユング研究所も有名です。

5.

語学学校については、大学付属の語学講座と、私立の語学学校があり、言語は英独仏伊語が学べます。

スイスの公用語は、4カ国、ドイツ語(国民の65%)、フランス語(18%)、イタリア語(7%)、そして、ロマンシュ語があります。スイスのフランス語は、フランスよりもゆっくり話してくれる上、訛りがないので、日本人にとっては習得し易いですし、特にお勧めです。 ドイツ語については、スイス人の話し言葉はスイス語という方言ですが、書き言葉は正規のドイツ語です。公式の場では、このハイジャーマンを話し、外国人に対してはハイジャーマンを話してくれます。
面白いのは、フランス語を習いにドイツ語圏のスイス人も時々来ていることで、彼らも外国人に混じって勉強し、反対にドイツ語のクラスにはフランス語圏のスイス人が来ています。

英語も私立語学学校で習うことができます。ここにも、スイス人が習いに来るので、スイス人とお友達になりたい人にはよいでしょう。但し、先生の母国語が英語である学校を選ぶべきです。ホームステイもできます。いずれにせよ、スイスへ観光も兼ねて、語学学校で学ぶというのが、お勧めです。

6.

フィニッシングスクールは、昔は数校ありましたが、今は集中講座がある1校のみです。貴族達が優雅な振る舞いを習いに来たので有名ですが、以前、ダイアナ妃もスイスにお妃留学をしていたといいます。

7.

その他の留学には、バレエ、音楽、お菓子&レストラン修業、スポーツ留学があり、インターンシップ及びボランティアも盛んです。