無料資料請求はこちら

スイス留学に関する資料を、ただいま無料配布中です。









What's New

  • 2018年10月末〜11月末東京都内に滞在予定です。

    スイスの学校担当者との面談もお申込み頂けます。お気軽にご相談下さい。
  • 2018年6月7〜9日東京都内に滞在予定です。 スイス留学のご相談、承ります。メールでご連絡下さい。

  • 2018年 4月10日(火)〜22日(日)東京都内に滞在予定です。

    スイス留学のご相談、承ります。メールでご連絡下さい。
  • 2018年 3月2日(金)〜12日(月)東京都内に滞在です。

    スイス留学のご相談、承ります。お気軽にご連絡下さい。
  • ロゼ・サマーキャンプ、ラ・ガレンヌサマーキャンプは、10月から申し込み開始しています!


  • *法人企業様へ、
    日本からのグループ受入れ&
    現地サポートも承ります。

    ご希望に応じて、現地校と
    オリジナルプランを作成致します
  • *2018年夏季アルバイト募集中!

    日本人グループ添乗員及び個人の方の現地サポートのバイトです。 募集条件: 1.スイス労働許可証所持。
    2.英語又は仏語が出来る方(両方なら尚良い)。
    3.モントルー、ローザンヌ近郊お住まいの方。
  • 仕事:日本の子供達の現地サポートや、翻訳等。
  • 連絡方法:CVと「今までとこれから」というテーマで、どんな内容
    (仕事、生活、人生、家族、趣味、、)でも構いません。300字以上の
    文章を添えて、下記メールアドレスへ送付下さい。
  • 送付先:info@swissjapansupport.com 近藤まで。
  • 2014/6 スイス留学FAQ ボーディングスクール編  スイスについて、よくある10の質問を追加しました。
Swiss Japan Support 代表 近藤 美穂

あなたの目的を達成する為のお手伝い、充実した留学又は海外生活を応援します。スイス留学経験者が、本人・保護者の視点から、スイス留学のご相談等を承ります。

  

スイス留学専門のSwiss Japan Support 代表 近藤 美穂





スイス・ボーディングスクール(スイスの寮制私立学校)

まずは、お子様の留学への動機、留学の目的をしっかりと明確に考えてみましょう。
成功する留学に必要なのは、主人公である、お子様のやる気です。主体的な〜したいという意思がなく、お母さんが留学させたくて、強制的に云われたからでは、受入側の学校にとっても、この子は大丈夫かな?と思われます。入学許可が下りない場合のケースは、子供の主体性のやる気が欠如しているという理由が多々あります。 留学する目的や理由は、各々違うと思います。英語が話せるようになりたい、アルプスでスキーをたくさんして、世界の子達と友達になりたい、海外の大学に行きたい、日本の学校はつまらないから状況を変えたい、etc.

当社では、思い切って決断された留学を、ぜひとも最後まで成功させて頂きたい一心で、提携先如何とは関係なく、その子に合った留学を一緒に考えます。長い人生の中の1ページとして、ご自身のお子様にとって、これは、本当にいい決断だ、と快く思える様、よく考えた上で、長期的視野を持って、計画を立ててみましょう。

スイスには、全部で20校以上のボーディングスクールが点在しています。100年以上の伝統ある有名ボーディングスクールが、数校あり、中でも最も古い歴史ある学校は、140年以上前に設立されています。 数十カ国の世界各国からの子供たちを、毎年受け入れて、これだけ歴史ある学校が幾つも立ち並んでいるのは、ここスイスだけです。主にレマン湖周辺のフランス語圏に集中していますが、ドイツ語圏にも3校、そしてイタリアに近いイタリア語圏にも1校あります。大半のボーディングスクールは、風光明美な湖が見える高台やアルプスの山々に位置し、環境が素晴らしく、勉強だけではなく、スポーツ活動や演劇・音楽等も大変盛んです。

1968年にスイスで、国際バカロレア(IB)という教育プログラムが設立され、世界中の私立学校に広まりました。
スイス発祥ですから、世界的に最も早く導入されました。より良いより平和な世界を築くために貢献する人材の育成を目的としており、その教育プログラムの特徴として「全人教育」を掲げています。世界147の国や地域で、4300校以上の学校で提供され(2015年11月まで)、日本では、35校ですが、文部科学省は、 2018年までに、国際バカロレア・ディプロマプログラム(IBDP)を導入する学校を200校まで増やす数値目標を掲げています。

グローバル世界に適応する教育と言われる国際バカロレア(IB)ですが、高く評価されている理由には、次の点が挙げられます。

1.単一の回答をもとめる手法ではなく、解決の難しい課題に対応する統合的手法をトレーニング 2.母国語を尊重したバイリンガルプログラム 3.世界上位の大学へ入学するプラットフォームとしてのIBDP

実際の生徒の声を聞くと、 つまり、従来の日本の教育とは違っています。IBが目指す学習者像は、考える人(Thinkers)、心を開く人(Open minded)、挑戦する人(Risk takers)、振り返りが出来る人(Reflective)だそうです。

スイスのプライベート・ボーディングスクールが100年以上経っても持続できる、他の国のボーディングスクールとは違う、3つの大きな理由

1. スイスという安全・安心な環境(Safety)・・・
スイスのボーディングスクールは、恵まれた緑豊かな環境、そして自然のアルプスの頂きや湖が望める高台、又は標高のある山地に位置しています。スイスの公立学校を例にとっても、子供たちは、家から歩いて学校に通っています。

2.スイスの国際性 (Internationalization)・・・
イギリス等の英語圏のボーディングスクールは、政治家などを輩出して有名ですが、スイスとの違いは、その大半が自国の子供たち、つまり母国語を話す子供たちです。
それに比べて、スイスのボーディングスクールは、300人の生徒のうち、国籍が50カ国以上と、多様な価値観の中で、互いの文化を尊重する国際性が身に付けられます。国際的な教育プログラムのIBが、発祥の地でもあります。

3.洗練され充実した設備
(Facilities)・・・シャワーが壊れて出ない等ということは、まず聞いたことがありません。清潔な建物内の設備だけでなく、スポーツ施設も大変充実しています。

なぜスイスのボーディングスクールへ留学?
ここで、更に詳しく、スイスを選択する動機について、お応えします。スイスでもネイティブが英語を教えるなら、なぜ、イギリスやアメリカで勉強しないの?という疑問がある方がいるかもしれません。
別のところにも書きましたが、欧州には、様々な国の言語が存在しています。英語圏で学んだ子供や大人たちは、どうしても英語圏=海外=世界という視点が、無意識のうちに偏りがちになります。世界には、他の言語がたくさんあり、そんな国や学校で学んだことで、英語を話す国だけが世界の中心ではない、という体験による見方は、欧州全体を知る意味で、とても重要だと思います。実際に、スイスのボーディングスクールでは、フランス語かドイツ語(他言語の選択もできます)も習得しますし、英語と、それ以外の言語で卒業資格が取得できるボーディングスクールが大半ですから、学校のスタッフには、バイリンガルだけでなく、多言語を操れる人たちがたくさんいます。

卒業取得ディプロマ

各学校によって、イギリス式、アメリカ式ディプロマ、又はIB(国際バカロレア)、フレンチバカロレア、スイスのマテュラ、ドイツのアビテュールといった大学入学資格取得が可能です。スイスボーディングスクールの高校を無事卒業し、自分の希望大学へ向けた入学資格が取得できます。もちろん、日本の大学を目指すことも可能です。

英語について

もし、英語の理解に自信がなければ、日本の学校が3月に終了するので、こちらの学校の新学期が始まる8月末か9月まで、英国に語学短期留学をする、ESLがあるスイスのボーディングスクールへ早めに入学する、スイスのサマーコースも毎年受講して勉強するという選択があります。  多くの学校では、英語があまり分からないお子様には、ジュニアスクール(小学高学〜)から入学されることを推奨しています。中学、高校となると、内容が高度になってくるため、柔軟性のある小さいうちに英語を訓練していくのが望ましいと考えています。

スイスボーディングスクール留学相談&サポートサービス

スイスボーディングスクールの最初のご相談は、約90分無料で行っております。
年に数回日本に行来ますので、面談も可能です。スイスの学校情報だけでなく、子供が過ごす、スイスの環境もお伝えしています。現地の情報をいち早く伝え、現地に居る立地を生かしてお世話します。ご質問があれば、お気軽にお問い合わせください。

“自分で海外に行って、価値観の少し違う世界を見て、体験してみる。そして、目標に向かって、外国語で学習する”。傍らで成長するのを助けてあげてください。でも、合わない子には、無理に勧めたりはしませんので、ご安心ください。

Step1

最初の無料相談:質問フォームに記入して、相談内容をご記入してメールでお送りください。ご連絡を頂きましたら、こちらからメールまたはお電話をさせて頂きます。スカイプがご希望ならば、スカイプからのご相談も可能です。

スイス留学を決められたら、Step 2でも引き続き、学校選択等の詳細なご相談をいたします。

Step2 

入学申し込み手続き代行

1.<学校選択の相談&入学願書申し込みサポート>

送金振り込みでのお支払いをこちらで確認してから、次のサービスが開始いたします。

パッケージ手数料とそれに含まれるサービス内容@〜H: 350,000円

@学校選択のご相談…心行くまでご相談してください。

A入学申請書手続き申し込み代行、すべての必要提出書類のご連絡。

B面接と筆記テストのご案内

C学校担当者との面談アレンジ(日本に滞在中の場合は、学校担当者との面談に同行)。

D学校費用やご質問等についての現地学校との交信連絡

E留学準備&フライトアドバイス

*正規留学の場合には、最低6か月以上前から、お申込み下さい。

*はじめての留学で、ご心配の場合には、一度ご家族で、スイスに観光がてら、休み中に現地の学校見学に来られるか、お子様の短期留学(サマースクール)を体験されることを推奨します。

*スイスの学校へ入学申請をする際には、希望する学校へ申請料の支払いが必須です(学校により無料の場合もあります)。

*もし、学校担当者や私どもが日本滞在中ですと、日本での面談も可能で、料金に含まれます。スイスでの学校訪問、及び面談同伴は有料です。

*学校最寄りの駅等で待ち合わせをして、同行致します。空港出迎え〜学校同行ですと追加料金がかかります。2日間を要する現地の学校訪問(下見)&面接にも、追加料金がチャージされます。

*現地サポートサービスにつきましては、お気軽にお尋ねください。

*単発サービスで、スイスの空港または指定の駅から学校までの同伴サービス等もあります。

*万が一、学校に不合格な場合には、もう1校(2校まで)の申請が同じ料金に含まれます。

Step3 こちらのサポートサービスは、お子様留学中の<オプション>となります。

留学中の現地連絡サポートサービス

学校から、入学受け入れの通知が届いた後、現地サポートサービスがご必要な場合には、下記料金表をご覧ください。

月2万円(年間24万円)〜から承っております。 価格表はこちら。

単発サービスはこちら。

  

*その他、テーラーメードのサービスも可能です。お気軽にご相談下さい。

          

*このサービスは、お子様が寮生活滞在中の現地サポートです。学校が責任を持って、預かっているとはいえ、 突然、外国に来て、すべてが外国語の世界に入り、本人が、大丈夫と、スカイプや電話で答えてきても、最初の慣れない間は、心配ですね。こんな現地のサポートがあれば、緊急時に、日本からすぐに飛んで行くのは無理ですが、現地のスタッフが学校へ行くことも可能ですので、保険料と同じように安心です。 直接学校へ尋ねたくない、あるいは英語等の外国語が分らないという場合に、当社を通じて、学校からの連絡をお伝えします。

*学校の寮では、24時間体制で、子供たちを監督しています。 また、学校休暇(外国滞在時)等で、学校容認の引率者がいない時間は、ご本人の様子をお伝えすることは、特別な例外的状況を除き、出来かねますので、ご了承ください。

*学校によっては、パスワードを与えられ、学校からの情報が、直接ネット上で見られるシステムがある学校もあります。上記サービスは、学校と連携して行うサービスですので、まずは、学校担当者と連絡を取りながら、状況に応じた方法で行っていきます。