無料資料請求はこちら

スイス留学に関する資料を、ただいま無料配布中です。









What's New

  • 2018年10月末〜11月23日まで東京都内に滞在予定です。

    スイスの学校担当者との面談もお申込み頂けます。お気軽にご相談下さい。
  • 2018年6月7〜9日東京都内に滞在予定です。 スイス留学のご相談、承ります。メールでご連絡下さい。

  • 2018年 4月10日(火)〜22日(日)東京都内に滞在予定です。

    スイス留学のご相談、承ります。メールでご連絡下さい。
  • 2018年 3月2日(金)〜12日(月)東京都内に滞在です。

    スイス留学のご相談、承ります。お気軽にご連絡下さい。
  • ロゼ・サマーキャンプ、ラ・ガレンヌサマーキャンプは、10月から申し込み開始しています!


  • *法人企業様へ、
    日本からのグループ受入れ&
    現地サポートも承ります。

    ご希望に応じて、現地校と
    オリジナルプランを作成致します
  • *2018年夏季アルバイト募集中!

    日本人グループ添乗員及び個人の方の現地サポートのバイトです。 募集条件: 1.スイス労働許可証所持。
    2.英語又は仏語が出来る方(両方なら尚良い)。
    3.モントルー、ローザンヌ近郊お住まいの方。
  • 仕事:日本の子供達の現地サポートや、翻訳等。
  • 連絡方法:CVと「今までとこれから」というテーマで、どんな内容
    (仕事、生活、人生、家族、趣味、、)でも構いません。300字以上の
    文章を添えて、下記メールアドレスへ送付下さい。
  • 送付先:info@swissjapansupport.com 近藤まで。
  • 2014/6 スイス留学FAQ ボーディングスクール編  スイスについて、よくある10の質問を追加しました。
Swiss Japan Support 代表 近藤 美穂

あなたの目的を達成する為のお手伝い、充実した留学又は海外生活を応援します。スイス留学経験者が、本人・保護者の視点から、スイス留学のご相談等を承ります。

  

スイス留学専門のSwiss Japan Support 代表 近藤 美穂



学校紹介

1.スイスボーディングスクール

Rosenberg(ローゼンベルグ)

所在地

スイスドイツ語圏で最大の街チューリヒから、東部に位置するサンクトガレンまで、汽車で約1時間。駅からバスで3分乗った後、徒歩約10分。帰りは、下りの為、サンクトガレン駅まで徒歩10分程。近くには、サンクトガレン大学(特に経済学部で有名)の建物もあり、丘の上に位置する。

学校の特徴

@ 選べる言語とどの卒業証書を目的に勉強するかの選択肢が多い。

A 汽車が走っている街(サンクトガレン)まで歩いて行ける距離にある。

B ESLがある。最低受入年齢は6歳から。

C 設立125年という歴史があり、その建物の様相も、内部同様にレトロ風な趣を感じる。一部、保護建築物に指定されているとのことで、勝手に拡張工事ができないとのこと。教室やカフェテリア、体育館の雰囲気も一部、木の温もりを感じる上、ステンドグラスがはめ込まれている。
建物が広い敷地内に寮や事務室等、15棟程あり、生徒がその教室へ移動する。

D ユニフォームはないが、ドレスコードがあり、ジーンズなどのだらしない格好はダメ。男の子は、背広にネクタイの子が多い。かしこまった集いには、全員校章入り同じブレザーを着る。

E 学生達が着飾り、踊る、バール(西洋の舞踏会)を毎年行っている。地元のホールで発表会がある。

F 国籍別の割り当て制度(各国の生徒は全体の何%)がない。

入学選別方法

学校の成績だけで判断しない。日本人で英語ができなければ、ESLで勉強してから、又はしながら本勉強に入る。何よりも、本人の動機が大切だと云う。

バスを降り、閑静な住宅地を通ってゆくと、子供たちの姿がちらほら見え、最後に事務室があるメインビルディングの正面が見えてくる。何よりも、すぐ目に入るのは、ピンク色の柵だ。ローゼンベルグとは、ドイツ語で花の山という意味だが、ローゼとは、ピンク色という意味もある。中へ入ると、歴史的な建物の雰囲気を感じ、あちこちにステンドグラスのバラの絵が刻まれている。  女性のダイレクターは、1時間程話していて、とても朗らかな方なので、こちらの質問にはすべて快く対応してくださった。その為、学校の印象が、素敵な入口からのイメージと重なり合い、オープンな印象を与えている。と同時に、常に問題が無い様、子供たちを預かっているんだ、という責任感が言葉の端々に感じられ、大きな病院の一つ、サンクトガレン病院が、学校からたった5分のところにあるので、子供たちに何かあった場合、大変心丈夫だと話していた。

一方の男性の寮長は、一見厳格な印象で、笑みも浮かべない感じだが、時に子供が戯れて来ると、ジョークで返す場面も。
小教室、ダンスを行う体育館、そしてもう一つの体育館などを見せてもらったが、年輪を感じさせるレトロ調の作りが素晴らしい。
寮は、男女別棟の建物になっており、外から簡単には入れないように、セキュリティがかかっている。

2.スイスボーディングスクール

Lyceum(リツェウム)

所在地

サンクトモリッツから約1時間。ツオッツという街にある。そこから歩いて13分ほど。チューリヒからなら、汽車で3時間程。標高1750mの山の上に位置する為、山岳気候で、夏涼しく、冬は雪が積もり外は寒いが、日照率が高い。

学校の特徴

@ 創立100年の歴史がある。

A スイスのプライベートスクールでは、トップレベルの一つで、その理由の一つとして、ドイツ語セクションの通学者が100人程おり、学校全体として、そのレベルを落としたくないというのが背景にある。

B 英語とドイツ語を選択する学生が、其々半々の割合。只、行事を合同で行ったり、寮では一緒になるので、とくに切り離されておらず、スイス人の友達もできる。卒業式も合同で、英語で行われる。

C インターナショナルセクションの割り当て率は、各国籍で10%となっている。

D 広大な敷地でスポーツ施設が充実している。テニス、サッカー、バスケットボール、クリケット、体育館等の他に、近くにゴルフ場もある。冬は、スキーリフトが学校の後ろにある為、放課後はすぐスキーができる。週末には、サンモリッツへ出かける学生が多い。

E 運動以外にも文化的サークル(演劇、音楽)があり、例えば、歌を習いたい場合、有名な声楽家が来て、個人レッスンが受けられたり、OBで世界で活躍している経営者等が講演に来たりする。

F 年長になるとウイーンバールで舞踏会があり、参加できる。

ドイツ語圏とフランス語圏の違いというのも根底にあるかもしれないが、雰囲気としては、実質的合理主義というのが、私の実感。寮の規則もまま厳しい。普段は、毎日勉強し、放課後はスポーツや文化活動を行い、週末には息抜きに仲間と外出。というメリハリある生活となる。

3.スイスボーディングスクール

Brillamont International School(ブリヤモン・インターナショナル・スクール)

場所

ローザンヌ

所在地

ローザンヌ市は、ジュネーブ空港から汽車で約40分。ローザンヌからは、地下鉄で4つ目の駅で下車。そこから歩いて、7分。レマン湖が眼下に見える高台に位置し、抜群のロケーション。寮の部屋からも湖が見え、太陽の光が入ると明るい。

学校の特徴

@ スイスのボーディングスクールで2番目に古い歴史ある学校。1882年設立なので、今年で131年目、現在5代目が経営している。

A 30~40年前から日本人を受け入れており、大体日本人の生徒は毎年7,8人いる。大体が、中学2,3年くらいから来る。他の学校と違い、途中の入学受け入れもしている。例えば、4月、9月、1月。但し、日本の学校が3月卒業後、多くの子供は、英語をまず習い、その後、サマーコースで再び英語を勉強するので、実際には9月から他の教科も入れて、勉強を始めるというパターンが多い。

B 英語のみの教育で、学生数160名、そのうち寮生が110人(2014年1月現在)で、アットホームな雰囲気。教室内も生徒9~14名程度。その為、一人ひとりに目が行き届く。

C ディプロマは、自分の希望する大学によって、イギリスコース(IGCSE、A Level)アメリカコースのどちらかを選ぶ。言語は、その他フランス語が必修となる。

D 寮の部屋が以外と広い。1人部屋〜3人まである。11~18歳まで受け入れている。

E 街から歩いて近いので、あまり田舎へ行きたくない人向き。街とはいえ、学校がある場所は、静か。

F バスケットボールコート、テニスコートの他、できて未だ新しい体育館があり、バレーボール、サッカー、ホッケー等が行われる。希望によりダンスや音楽などが学ぶことができる。

4.スイスボーディングスクール

Institute Le Rosey (ロゼー)

場所

ロール[ジュネーブからレマン湖方面へ]*但し、冬期は、全校生がグシュタードへ移動。

所在地

ジュネーブ空港から汽車で約45分。グシュタードは、汽車でロールから2時間20分。

学校の特徴

@ 創立1880年で134年が経つ歴史ある学校。

A 普段は、レマン湖に近いロールで授業を行い、寮生活をするが、1月~3月までスタッフも含めて、全員グシュタードのシャレー校舎へと移動する。スタッフ200人、生徒300人の計500人が、メインの学校を閉めて、場所を移動するというのだからすごい。そこで、頻繁にスキーをする。

B 人気があるためか、入学希望者が定員の4倍も応募してくるので、入学願書の評価でふるいにされ、4人に一人しか受からない結果となる。入学時には、ある程度の英語レベルを要求されるので、英語が話せない日本人は、低年齢で入学するか、予め別の学校(ESL)で英語を集中して勉強する必要がある。

C 英語で、学校に入学した生徒も、フランス語は必修科目となる。8歳からの寮生活が可能。

D 言語科目の選択には22言語[日本語、韓国語等]もあり、教師は全員ネイティブで、学校に来て教えてくれる(例えば、日本語の教師は、2人常任)。日本人生徒が他校より多く、24人いる。その中には、8歳から来て、すでに3年が経つ生徒もいる。

E 900名収容のクラシックコンサートホールを現在建設中で、2014年6月末に完成予定。形が、相当モダン。

F 国籍均等割合率10%を行っている。これはサマーキャンプも同じ。

G サマーキャンプは、通常のサマーキャンプの他、SAT特別集中コースや、12~16歳対象のエクセレンス キャンプがある。これは、体力を要求するプログラムで、山へトレッキングで鍛えた後、今度はコルシカへ飛行機で行き、ヨットに1週間乗って、ナビゲーションを習うコース。ちなみに、今までに、日本人は未だ一人も参加していない。

 

5.スイスボーディングスクール

Aiglon College (エグロンカレッジ)

場所

シェジエール村の標高およそ1100mにある、シャレー風の建物が幾つも点在しているのが学校。

所在地

ローザンヌから汽車でエーグル(Aigle)まで30分。そこからバスで山の上へ更に30分。
ジュネーブからは、110km、汽車で1時間30分のところにある。

学校の特徴

@ 1949年に英国人が作った、NPOの学校で、全校生徒340人に英語教育をしている。そのうち、day studentは、1割ほど。

A エグロンという名前の由来は、フランス語の鷲の子という意味で、これから将来に向けて、飛び立ってゆく子供をたとえて、学校名につけられたという。そのため、学校のマークにも鷲の絵が描かれている。

B 9歳〜18歳まで受け入れている。英語ができない場合には、10〜11歳から、最初にESLからの入学を勧めている。年齢が後になるほど、教科が難しくなるので、それだけ英語レベルも高くなる。

C 週末には、アウトドアプログラムが組まれているのが特徴。山へトレッキングに行ったり、キャンプへ行ったり、冬はスキーとなる。これらのスポーツが好きではない人にはお勧めできない。

D 日本と似ていて、学校にユニフォームがある。それも含めて、英国の学校の雰囲気。

E Pastoral careがあり、1、週1回教師が生徒に何か変わったことがないかを尋ね、2、医務室の人がおり、3、宗教について教える人がいる(牧師的)ので、問題があったときに、複数の人に相談できる。

F 教師と生徒との比率は、1:6.

G 国籍割合率10%を設定している。

H 課外活動にも力を入れている。

I 卒業時に、IB(international Baccalaureate)が取得できる。

J 奨学金制度がある。

K 夏には、サマーコースがある。

 

6.スイスボーディングスクール

Beau Soleil(ボー・ソレイユ)

場所

フランス語圏ヴィラール・スール・オロン村

所在地

ローザンヌからエーグルまで汽車で30分。エーグルからバスで30分。近くにはほかにもボーディングスク−ルが点在している。

学校の特徴

@ 1910年設立の100年以上の歴史がある学校で、英語とフランス語セクションがある。

A 11~18歳対象。全校220名。日本人には比較的人気の学校。他の大型学校より、生徒数が少なめな為、眼が行きとどくという。

B 4月と9月の入学が可能。1クラス8〜12 人。

C 重厚感のある学校校舎の南側は、素晴らしいアルプスの眺めで、幾つかの寮部屋がある。校舎や寮部屋の中は清潔感ある雰囲気で、きちんと整頓されている。

D 英語ができない場合は、6th〜7thグレイド、つまり小学6年〜中学1年までには入学してもらい、英語を理解することが必要。近くのラ・ガレンヌ(低年齢層からの留学及び語学教育)から、毎年、英語を理解させる目的で入れた後、ここに何人か入学してくる。

E 勉強の他、スポーツ、課外活動、エクスカーション、海外または国内でのボランティア活動が盛ん。

F ユニフォームがある。

G 国籍割合率10%を設定している。

H 卒業時にIB(international Baccalaureate)が取得できる

I 前出のエグロンカレッジとは、ほど近い場所に位置する。

J 夏にはサマーコースがある。

 

7.スイスボーディングスクール

La Garenne (ラ・ガレンヌ)

場所

スイスフランス語圏ヴィラール・スール・オロン村
前出2校の丁度中間の丘の上に位置する。

所在地

ローザンヌからエーグルまで汽車で30分。エーグルからバスで30分。更にそこから、丘の上へ、1km程上がったところ。

学校の特徴

@ 低年齢層4歳〜13歳歳までの語学教育(英語またはフランス語)と、シャレーでのボーディングスクール。

A 英語の理解が0でも入学できる。むしろ、0からスタートして、ある程度話せるようになってから、他のボーディングスクールへ転校するケースが多い。1〜2セメスターや1〜2年の短期留学もOK.

B IPC(International Primary Curriculum)を導入して教えている。

C 家族経営で、3代目の息子さんが仕切っている。木のぬくもりとアットホームな雰囲気がある。すべての子供を把握できるサイズとして、生徒数は110人までに制限している。

D 建築家と話し合って作った建物の至る所に、子供にやさしい環境づくりの工夫がされている。

E 教室は、日本と同じように、靴から上履きに履き替えられ、床はきれいに保たれている。

F 希望すれば、他言語(日本語教育)も日本語の先生から習得できる。

G サマースクールは人気があるため、3月ごろには定員がいっぱいになってしまう。早くからの申し込みが必須 6歳〜13歳まで。

H 校舎からは、素晴らしいアルプスの眺望が見られ、自然環境には申し分ない。

I 寮部屋の服などは、きちんと整理されており、トイレやシャワー室も清潔に保たれている。

 

8.ボーディングスクール

Tasis International School (タシス・インターナショナルスクール)

場所

ルガノ (スイス・イタリア語圏、モンタニョーラ)

所在地

ルガノは、チューリヒから汽車で2時間45分。ルガノからはバスで、6つ目で15分くらいのところにある。イタリアのミラノからは、ルガノまで汽車で約1時間。

学校の特徴

@ 唯一、スイスのイタリア語圏にあるボーディングスクール。1956年設立で、NPO.

A ルガノから丘の上へ昇り切ったところに、広大な敷地内に学校の建物がたくさんある。それもイタリア風の古い建物も幾つかあり、一つ一つに趣きがあるので、外観からはアメリカンスクールという感じがしない。カフェテリアも、少しアンティーク調のインテリアが掛かっており、天気がいいと、外のテラスでも食べられる。

B アメリカンスクールだが、ユニフォームがある。とはいえ、いつも皆と同じ色のユニフォームというよりも、いくつか色のバリエーションがあるので、好きなセーターの色を選ぶことができる。

C Day studentsも含めて、50カ国から4歳〜高校まで720人余りの学生が学んでいる。但し、寮は、7thグレード, 12歳から。他のプライベートスクールと同じように、各教室が小さめで、1クラスの人数が少ない為、いわゆる米国のアメリカンスクールのイメージがあまりない。

D そのうちの20%がアメリカの学生。10%国籍割り当て制があるが、アメリカンスクールということで、米国からの学生にはそれが適応されていない。

E その立地からイタリアの雰囲気が影響していて、学校で行く旅行もイタリアの美術館等へ行って、建築、アートといったカルチャーを学ぶそうだ。そのためか、美術室がきれいで、アートに対して充実している印象をもった。

F アメリカンハイスクールディプロマの他、APとIBが取得できる。大学への進路指導には、アメリカの大学には、2人のアメリカ人の進路指導の先生が、英国の大学には、イギリス人の進路指導の先生がいるそうだ。
また、タシスを卒業した日本人の先生が、日本語を教えている。

G サマーコースの特徴として、スポーツにおいては、FCミランからコーチが来てサッカーを教えてくれる。スポーツ以外に、ファッションも勉強できること。サマーコースの入学は、7歳からで、英語0でも入学はOK.また、サマーコースの間、安心なのは、日本人のカウンセラーがいて、主に小さい子供を世話するそうだ。

H また、サマースクールが心配なお母さんのために質問したところ、お母さんは、近くのホテルに滞在し、子供はday studentとして通う選択もあるとのこと。あるいは、子供が寮で勉強している間に、お母さんはイタリア旅行に行く人もいるとか。

 

9.ボーディングスクール

レザン アメリカンスクール(Leysin American School)

場所

レザン村(スイスフランス語圏)

所在地

ローザンヌからエーグルまで汽車で30分。そこから別の電車に乗って、約30分、標高約1300mの山の上にある。

学校の特徴

@ アメリカンスクールと言う名前ではあるが、代々スイス人の家族経営で、アメリカ式カリキュラムを行っている。1991年からIB(international Baccalaureate)を初めて導入した学校である。

A 全校生徒約330人、全員が寮で生活している(制服有り)。

B ESLが充実している。13歳位までの入学が理想。

C 日本人の学生も10人以上在籍している。

D 世界約60カ国から生徒が集まっており、米国人とロシア人比率が各12%程。

E 卒業後は、アメリカの大学に行く学生が多く40%〜半分程。99%が進学する。

F この学校だけにある特徴は、日本人や韓国人向け生徒に対し、ブリッジプログラムを導入していることだ。3月に卒業するアジアの生徒にとって、こちらの学校システムに合わないということを考慮して、新学期準備コースのカリキュラムが用意されている。8月末、もしくは9月からの新学期が始まるまでの間、ESL授業、クラブ活動、エクスカージョン、研修旅行、更に、提携している英国の語学学校に送られ、英国での短期ホームステイが、すべてこれに含まれている。 スムーズに学校の授業について行けるような仕組みになっているので、安心して、クラスで新学期が始められる。ちなみに、こちらのブリッジプログラムは、小学校卒業後から入学できる。

G サマーコースは、選択が豊富で、世界から多くの子供達がやって来る。色々な授業が選べるので、最初の日に、スタッフや学校の生徒が、親切に教えてくれる。

H 夏のプログラムに駆り出されるスタッフ数だけでも、約100人おり、参加する子供の数は、すべてのセッションを合計すると、500人程となる。その為、大勢の国の人と友達になることができる。

 

10.ボーディングスクール

モンテローザ(Institute Monte Rosa)

場所

モントルー(スイスフランス語圏))

所在地

モントルーからバスで10分足らずで、レマン湖畔の市街地にある。

学校の特徴

@ 代々スイス人の家族経営で、設立140年(2014年時点)と、スイスで最も古いボーディングスクールの一つ。

A 校舎は100年以上前の建物で、レトロ調な雰囲気がある。

B 他の学校と違い、市街地にある上、自然の山へのアクセスも容易なので、ロケーションとしては、理想的な場所にある。

C 全校生徒が寮に住んでおり、約60名足らずの小さな学校である。その為、寺子屋風の感じがしないでもない。

D 他の学校と異なるのは、ここではオーダーーメード的な留学が可能。

E 校長はペスタロッチの精神を受け継ぎ、その理想を掲げ、アットホームな雰囲気の中で、生徒一人一人にじっくり人間的にアプローチで向き合ってくれる。

F 夏休みのサマーコースには、総勢約200名程の子供達が世界から集まって来る。 有料のスポーツオプションを選択すれば、日本ではあまりできないスポーツも試してみることができる。

G ウインターコースは、毎年1月〜2月初旬まで行われていて、スキーとスノボーが英語で学べる。しかも、毎回、何時間も滑れる上、インストラクターがしっかりと教えてくれる。語学学習はもちろん、エクスカージョンやスイス観光その他のイーブニングアクティビティと子供を飽きさせない程、プログラム内容が濃い。