設立のきっかけ

スイスジャパンサポート設立のきっかけ

My Story:

欧州のスイスで、15年間のサラリーマン生活を送り、現地に20年間暮らしていくうちに、主人の転勤がきっかけで、東京に住むチャンスがありました。その間に、一人娘も成長し、スイスのプライベートスクール(18歳以下の私立学校)を卒業していました。

彼女の寮制学校には、およそ50カ国の国から男女生徒たちが集まっていたので、週末になると娘は、日本の友達も含め、色々な国から来た女友達を家に呼んでいました。

海外から、便利すぎる東京に来て、久々の日本を改めて体験したとき、将来を担う子供や若者にとって、“客観的に日本を見れる眼”を持つことの大切さを感じていました。

試しに、日本の留学会社を調べたところ、手数料の高さに驚きました。そこまで高くしなくても、現地からきちっとしたサービスができるのではないか、と思いました。

現代は、ネットの時代です。海外の情報が身近に入手できるようになりました。しかし、留学するお子さんや保護者様にとって大事なのは、留学する学校がどれだけ親身になって受け入れてくれるか、どこまで子供の為に世話をしてくれる学校かです。現地におりますと、学校を訪問する機会が多いので、学校や先生や担当者の雰囲気がより感じられます。保護者様にとっては、留学中のお子様のことが一番気がかりですから、当社では、現地からお子様の様子をお伝えする現地サポートや、万が一の緊急時に、学校からの連絡を日本の保護者様の為に、即ご連絡するサポートもあります。

ある日、有名な留学会社で、経験の長い担当者さんとお会いしてみて感じたのは、現地の学校やスイスの生活等の状況について、あまりご存じないことでした。
ある意味、当然かもしれませんが、私の方が聞かれる立場に代わっていました。

そこで、今まで長年蓄積してきたスイスの情報と現地でのサポートを強みに、其々のお子様にあった丁寧なサービスをモットーに、スタートすることにしました。

思えば、私の母も、頻繁に海外へ出かけていた人です。昭和ヒトケタ生まれで、34年間、中学校の英語教師として、当時では珍しい働く女性でした。

エネルギッシュな母は、学校の教師だけでは飽き足らず、県の仕事の他、姉妹校、姉妹都市の仕事も引き受けて、アメリカやカナダに生徒を引率し、
其々10回以上往復していました。更に、夏休みには自分の英語磨きに、アメリカとイギリスへ短期留学をしたこともあります。

退職後は、ライシャワー財団の日本文化を教えるボランティアでNY州に半年間ホームステイをしたり、日本語教師として、1年間アメリカの高校に勤務していました。

今にして思えば、このような母を持ったことは、娘の私にも何らかの影響を受けていたのでしょう。そんな母の元で過ごした私は、血なのか、あるいは運命のいたずらか、海外に住み、外国語を話す生活を送ることになりました。

異国の言語を習得し、海外に住む時、故郷日本についての思いは一層強くなります。日本で育った若者達が、海外経験をすることで、異なった価値観に触れ、違う視点が芽生えることで、必ず前とは違う気づきが見えてくるはずです。

日本の将来、そのような柔軟な考え方、視点を持った若者達が増え、他国から常に羨ましがられる国になることを一層願ってやみません。それこそが、私たちの使命、スイスと日本のかけ橋となり、その子達の未来に繋げることに他なりません。