フィニッシングスクール

フィニッシングスクール

スイスでは、フィニッシングスクールが数校あったが、いまや1校のみとなる。

昔、ダイアナ妃がお妃になる振る舞いを学ぶ為、スイスのフィニッシングスクールに来たことで有名になる。

現在、このIVPしか残っていない。

しかも、受講できるのは、現在短期コースがあるのみ。

こちらの学校の受講にご興味がある方は、当社では入学申請代行を行っていますので、ご連絡ください(サービス内容と料金表参照)。

毎年6月~7月夏のみ、6週間コース(半分ずつ取ることも可能)。しかし、6週間の受講料は宿泊料込みで、300万円程かかるので、お金に余裕のある人のみ可能。

英語力は、目安として、TOEFL55。

フィニッシングスクール ヴィキペデイア(英語)

フィニッシングスクール(日本語)のヴィキペデイアを以下に 抜粋します。

スイスのフィニッシングスクール

フィニッシングスクールの本場といえばスイス。国際的・公式な外交・社交の場で必要とされるプロトコールと呼ばれるインターナショナルでハイエンドな女性向けのマナー・エチケット・礼儀作法を学ぶことができるフィニッシングスクールであるが、狭義のボーディングスクールと同様に寄宿制・全寮制のスクールはスイス以外の国にはほとんど存在しない。スイスの永世中立国としての長い歴史がこうしたスクールの成立や発展に寄与した大きな要因の一つと思われる。

ヴィラ・ピエールフー(Institut Villa Pierrefeu)
校長: ヴィヴィアン=ネリ・ファイエタス
所属団体: スイス連邦プライベートスクール協会(Swiss Federation of Private Schools)メンバー
基本カリキュラム: 英語、フランス語、国際エチケット、料理、ハウスキーピング、フラワーアレンジメントなど。
オプション: 美術史、ワインの基礎知識、社交ダンス、乗馬など。
スルヴァル・モンフルリ(Surval Mont-Fleuri)
校長: ジャン・ピエール・フォーケ
所属団体: スイス連邦プライベートスクール協会所属のフィニッシングスクールである他、CITA(Commission of International and Trans-Regional Accreditation)認証の高校卒業資格や、COE(Commission Executive Committee of the Council on Occupational Education)認証の大学卒業資格(経営学士)も提供する、世界でも珍しいフィニッシングスクール。
特長:現在、スイスではこのスルヴァル1校のみ「通年の寄宿制」を採っている(サマーコースなど短期の寄宿制などを例外にすれば、一年を通して宿泊しながら学べるのはここしかない)。近年、ヴィラ・ピエールフーとプログラムの互換を開始。スルヴァルの方が主として語学教育(フランス語・英語)、ヴィラ・ピエルーフーの方が主としてフィニッシング教育を担っている。両方の生徒はスルヴァルに滞在しながら、シャトルバスで5分ほどの両校を行き来している。
フィニッシングスクールMontreux le mesnil Institute
スイスの花嫁学校「ヴィラピエルフー」はフィニシングスクールとも言われる