カテゴリー別アーカイブ: 私自身の経験から

海外の大学の卒業式に参加して~感じたこと。

今日は、私の子供が海外の大学を卒業し、親として卒業式に出席して来たことについて、書きたいと思います。うちの娘が行ったのはイギリスの大学です。

まず卒業式で驚いたのは、中国人留学生の多さでした。壇上で一人ずつ卒業生の名前が呼ばれるのですが、中国の名前が多いのに驚きました。一人くらい日本人がいてもいいのに、と思った程です。

もちろん、他にも欧州からや米国などからの留学生もいますが、彼らは目立つのです。ちなみに学部は経済ですが、女子学生も結構いました。

娘から日本人留学生もいるとは聞いていたのですが、どうも、短期留学生らしく、日本人の名前はありませんでした。

名前が呼ばれて、壇上へ上がる際に、友達も詰めかけているので、名前が挙がるとすぐヒューヒューと歓声が上がったりして、その子の人気度がわかります。うちの娘は友達が何人も来てくれたので、歓声が沸いて、皆が動画を撮影してくれていました。

学長ともう一人の方のお話、そして卒業生代表の言葉が終わると、卒業生が拍手で退場し、立食パーティー会場へと皆移動します。その間に、卒業生は仲間と談笑したり、プロのカメラマンに撮影をしてもらったり、、、している間、親は子供の友達を紹介されたり(離れているので、初めて会う子が殆どです)、友達の親を紹介されたりします。

自慢ではありませんが、うちの子供の場合、様々な国籍の友達がいるので、会う親や友達の方も、イギリス、フランス、ドイツを始め、色々でした。イギリス人の女性から、「あら、あなたが、。。のママ?」と私に話しかけて来て、娘の友だちのママ、、ということで、すごいブリティッシュアクセント~という場面もありました。

その後、娘が予約したレストランに私達両親とうちの子供の他、友人合わせて9人が集まり、会食しました。

皆、明るく親切な子達だったので、楽しく談笑することが出来ました。皆早口でよくしゃべること❢

そんな中、彼女の英語の上達も垣間見れました。隣の彼女の友達に、「皆卒業したり、これからするけど、大学は実際、レベル的にはどうだったの?」と聞くと、ドロップアウトした子が何人もいた話や、試験の受け直しもあったり、、「。。ちゃん(私の子供)は、かなり勉強してましたよ。」「ただ、彼女の場合、勉強する時はして、そうじゃないソーシャルの方も活発だったけどね。」ということで、彼女は遊びも沢山したというのが仲間の話。

感じとしては、スイスの大学よりは難しそうではないが、日本の大学よりは勉強しないと落されるという印象でした。中にはイギリスの大学を卒業後、パリの優秀な大学の修士へ進学する子もいました。

その中で、オーストラリア育ちでコリアンのクラウディアは、うちの娘と仲良しで、彼女の話がとっても興味深く、いつも私は笑ってしまいました。英語は小さいころからオーストラリアで育った為、ネイティブで、家では韓国語、そして、日本語も少し習ったことがあるそうです。大学はイギリスで学び、この後は韓国へ戻るそうです。東洋と西洋を股にかけているので、彼女の視点が面白くて、日本で言ったら、バラエティ番組でも見ている様に、テンポよくずばずば話し、聞いていて爽快です。

西洋人は、日本人に比べると、皆体も雰囲気も大人っぽく、大学を卒業したというよりは、すでに会社員じゃないかと思う程の子が多いです。

西洋人が大人っぽいというのは、すでに中学生の卒業式でも感じましたが、逆に日本人が子供っぽスギるのかもしれませんが。

スイスジャパンサポート

近藤

 

 

 


最近、現地で人に会って思う事と付加価値の概念とは。

最近、海外、ここスイスで、色々な人(ここでは日本人に限りますが)に会って思う事は、海外に住む日本人も、色々~ですが、大体共通しているのは、まず、現地に来たら、そこの言語を学習しているということです。

これは、常識的アプローチであります。日本人という言語が全く異なる世界から来たら、これから住もうとしている国の言葉がわからなければ、サバイバル出来ません。

スイスには、優秀な日本人(他の海外で勉学に励んできた方、元々帰国子女の方、留学経験がある方、etc.)が比較的多いですが、スイスという国自体、多言語国家なので、英語が出来たとしても、英語以外の言葉も学習する必要があります。

余談ですが、大体、この国の子供達からして、小学校で外国語が2言語学習する必要があるという環境です。ましてや、それが、外国人家庭であれば、言語は更に増えます。

で、話を元に戻すと、皆来たばかりで、ランゲージスクールに通って、一生懸命に語学学習をして、子の現地の世界を少しでも理解しようと、時間と共に慣れて来ます。

女性の場合は、子育てもあり、仕事に没頭する人もあり、両方する人もあり~で、ドイツ語圏であれば、スイス語と呼ばれる、ドイツ語の方言も理解し、話せる人もいます。

で、その後ですが、私が最近思うことは、言葉が理解できたら、その後じゃあ、一体それを使って何をするの?です。言葉が理解出来たまでは、子供が少し大人に成長したのと変わりありません。

そこから、オリジナリティを発揮して、自分から何をするかが大事だな、と。その場合、言葉はむしろ、文法や発音がずれていたとしても、あまり問題ではなく、何をそこで、あるいはその言語を使ってするか? 行動(体験)することが大事だと感じています。

それは、日本にいても同じで、なになに大学を出ましたという証書=ブランドを手にすると、一生それを引っ提げて行けるわけですが、それを生かすならともかく、”だから、何?”ということにもなりかねません。

スイスに留学する子供達に置き換えても、まずは、学校で英語漬けになることは大切なこと、もちろん卒業証書なども大事、でもその後、そこから、じゃあ、何をするのかが、人生でもっと大事になって来ます。

語学は、一つのステップで、道具でしかない、と私は考えます。大事なのは、それを使って、自主性を持って、自分らしさを出し、ビジネスなり~etc.をしていくかです。

ビジネススクールの専門用語の一つ、added value (付加価値) という単語こそ、常に私の脳裏から離れません。

モノやサービスを生産及び提供しなくても、考え方やアイデアを創造(想像、生み出す)には、added value (付加価値)こそ、大切な概念だと常日頃感じています。

スイスジャパンサポート

近藤 美穂 (スイス)