カテゴリー別アーカイブ: 留学の効用

”子供は社会から影響を受けて育つ、社会の子”

スイス・サマーコースや正規留学を考えている保護者様とお会いして感ずるのは、お母さんたち

が口をそろえて、「生きていく力を育んで欲しい。」という本音です。

 

日本の義務教育も変わってきた(小学校から英語を導入する等)とはいえ、現代の変化の目まぐ

るしい社会では、学校でやっていることが今の時代にあっていない、と思うこともあります。

 

子供は、”社会の子”。無意識のうちに、子供たちは社会から影響を受けて育っています。

例えば、スイスのサマースクールに、日本からグループで、毎年、子供たちがやって来るのです

が、彼らの話ぶりを聞いていると、時々、はっとさせられて、”今の日本を反映しているナ”と感じ

ることがあります。

 

特に、都会のど真ん中から来る子供たちが多いので、余計そう感じて、その子供の発言から、”こち

らで育った子供では、たぶん、出てこない発想だナ”、と私は思ったりしています。

 

子供たちの社会環境で見るもの聞くもの、すべては、イマジネーションを抱かせ、それが思いや考

え方、そして、無意識な行動にまで繋がっています。

 

日本人の家族といえども、海外で生活し、子供たちが海外現地の学校へ行けば、当然その子は、日

本人離れした子供に育ちます。どの社会や教育環境によって、考え方や風土が異なるからです。

 

現代は、TVでハーフタレントという人たちが沢山みられますが、彼らも日本で育っているので、

外国人ぽい容姿でも、中身は日本語を話す日本人です。

 

私の娘は、スイスと日本のハーフで、今日本で生活をしていますが、彼女が、あるレポートに書

いていた、欧州と日本の違いを分析していた内容が面白かったです。

私は、かねてから、日本社会の特徴は、”世間”という言葉に集約していると思っていました。

彼女は、日本では集団の中の自分、周りを見ながら自分を出すという、集団主義と、西洋的な個人

主義の違いを指摘していました。

 

さて、スイスのボーディングスクールの話に移ります。

スイスの学校を訪問していて、日本の学校との違いを並べると、テンポの違いがあります。

だらだらしている時間が全くないことです。忙しくて、学校の休みとのメリハリがあります。

ある期間までに、これをやる、というのが明瞭なので、オンとオフの切り替えが非常にうまく出来

ています。

日本の学校が100%悪いとか、スイスの学校が100%いいとは言いません。両方に良さがあります。

 

但し、子供の将来を考えた場合、発想力が育まれる教育環境、充実した時間、海外の友達作りと

海外ネットワーク、英語力を蓄え、生きる力を育み、日本と海外(西洋)の違いを考える、、、

等、様々な要素が盛り込んで、感じ、考え、学ぶ、体験する場が、留学です。

 

ここで、何がいいたいかと言うと、いい教育をさせるというのは、結局、子供への発想力に繋が

り、それには環境がとても重要だということです。

スイスボーディングスクールへの教育投資=不動産投資、つまり、ほぼ同じくらいのレベルなので

す。長い目で見て、子供への投資をする。

幼少時に海外を体験することで、将来の財産になるスイス留学をお勧めします。

 

 

スイスジャパンサポート

近藤 美穂


ポッドキャスト”未来授業”中沢新一氏のお話で思ったこと。

ポッドキャスト番組に”未来授業”というのがあります。

内容は、未来はどうなるか、について、各分野の専門家が、講義をするもので、その人が、あるテーマについて、どのように考えるか、を話すので、とても面白い番組です。

分かりやすく引用すると、”日本が世界に誇る各界の「知の巨人」「次世代の知のフロントランナー」を講師に迎え、未来の日本人たちへ送るアカデミックな授業をお届けします。若い世代が社会の主軸となる「10年後の日本」を生き抜く智恵を探ります!”です。

2018-03-15にアップデイトされたこの音声の番組の中で、思想家で人類学者の中沢新一さんのお話(第4回)が面白かった事から、それをご紹介し、感じたことを書きます。

テーマは、2020その先の東京、です。最新刊「アースダイバー、東京の聖地」で
2020年に向けて再開発が進む、築地と明治神宮周辺を取り上げました。
有機体のように日々変化する東京の街は、いったいどこに向かうのか。

https://www.tfm.co.jp/podcasts/future/detail.php?id=23762

 

この中で印象に残った内容部分を簡単に要約します。

”今の東京の再開発を見ると、伝統の原理を見ないで、破壊したり、頭の中で作ったイメージだけでただ作っているが、本当に東京が目指さなきゃいけないのは、一番重要な伝統の核心部に、新しい要素を組み込んで、進化系にしなくてはいけないこと。100年とかの大きいスパンで考えて、見て行かなければいけない。”

”明治~大正にかけて、西洋の文化や技術が流れ込む中で、明治神宮や東京駅を作ってきた人々は、皆ヨーロッパに留学した留学組で、日本文化が体内にセットされていたのを、ヨーロッパで学んできたこととをうまくミックスして、あの様な素晴らしいものが出来上がった。”

 

 私見。。。やはり、この体内の日本文化とヨーロッパで学んだことの「ミックス」こそ重要で、の言っていることのポイントです。どちらに傾きすぎても、ダイナミックで、未来に素晴らしいものは生まれないのです。

例えば、「洗練」という言葉を考えた場合も、まさに伝統とその時代の新しさやその他のセンスがミックスされることで、更に飛躍があるということでしょう。

海外留学を考えてみた場合も、同じで、ただ、そこで学習したことを西洋かぶれだけで終わらせずに、自分の中の日本とがミックスされることで、より一層高次の次元へもたらす技術だったり、アートだったりが生まれるのです。

西洋と日本の良さの両方を生かしてこそ、新たな可能性が生まれる。

留学生の皆さんにも、それをぜひ伝えたいと感じた放送内容でした。

 

近藤 美穂

スイスジャパンサポート

 


小泉進次郎氏の対談抜粋~海外留学の重要性~

“これから、日本には「人生100年食堂」が必要だ”と題した、
特別対談:リンダ・グラットン×小泉進次郎が、東洋経済新聞社のオンライン記事(2018年01月01日付け)に掲載されていました。http://toyokeizai.net/articles/-/202617?page=6

興味深い内容だったので、ここにご紹介します。

まずは、この対談に至る紹介を記事より抜粋です。『ライフ・シフト 100年時代の人生戦略』の著者で、英国ロンドン・ビジネススクール教授のリンダ・グラットン氏。そして、自民党「人生100年時代戦略本部」事務局長で、『人生100年時代の国家戦略』に500日間にわたる激論の様子がつぶさに描かれた小泉進次郎衆議院議員。英国の心理学者と日本の政治家という異なる立場から、超長寿化に向かう日本社会の問題点と制度設計について語り合う。

ここでは、特に小泉氏の海外留学に対する見解について述べられている点を抜粋してご紹介します。

小泉:僕は3年間、アメリカで生活しました。大変だったのは、静かにしていることは、評価されることではないということです。自分自身を変える努力が必要だった。大事なのは、英語がうまいかどうかではなく、自分が何を考えているのかを伝え切る努力をすることでした。そして、手を挙げること。私はここにいるという証明をすることです。

海外留学をして、真の多様性とは何かということも理解しました。僕はよく若者たちに「自分が外国人になる経験をしよう」と話しています。自分が外国人になる。つまり自分がマイノリティになるということです。

すると、いままで当たり前だと思ってきたことが、当たり前ではなくなり、日本の常識や価値観は、ワンオブゼムだと理解するようになる。語学を学ぶ以上に圧倒的に大事なことです。

グラットン:おっしゃる通りです。経験の幅を広げ、他国を知るだけでなく、自分がマイノリティになる、これはとても重要なことだと思います。100年生きるのならばそのチャンスがあります。ぜひ若い人々には旅行してほしいと思います。日本が世界標準のものをつくろうと思ったら、まずは世界を理解するところからはじめなければなりませんから。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

このように、小泉氏の留学経験と海外留学の大切さについて語っており、同感です。言語のうまさそのものではなく、中身を鍛えること、どう伝えるか、自分が外国人になる、といった経験をすることの重要さを話しています。

皆さんはどう思われましたか?

スイスジャパンサポート

近藤