カテゴリー別アーカイブ: 日本の子供達にスイス留学を体験してほしい理由

スイスに、最も来てもらいたい都会の子供達~

スイスにぜひ来て欲しいと思うのは、特に都会に住んでいる子供達です。

私は、年2回ほど日本へ来ていますが、いつも東京都内に滞在します。東京都内では、殆どの人がマンション暮らしで、特に東京の子供達にとって、森や山と言った自然は身近ではありません。運動場でさえ、土ではない所もしばしばです。

そんな環境で育ってきて、色々な情報をキャッチするのがうまい都会っ子の子供達ですが、体ごと何かを覚えるとか、生命力が沸き上がる様な体験を都会の中で感じるのは難しいです。よく、お母さんから、力強く生きるすべを学んで欲しいみたいなことを言われますが、まさに、そんな自然児の逞しさを経験して欲しいのは、よくわかります。

それが、例えば日本国内の長野辺りで、サマーキャンプをするのと、スイスに来て行うのとでは、全く異なります。

日本語が通じない環境、外国という今までの自分では通じない環境から、じゃあ、そういう時にどう対処するのか?というのは、日本では経験出来ないものです。

日本でも英語のサマーキャンプがあると言われますが、実は、日本のそれとの違いは、環境が日本ということで、すでに保護されている部分があります。それは、外国人の先生が英語しか話さない環境を日本で作ったとしても、その先生をマネージしているのは日本人な為、かなりの所までやってくれていたり、ここは日本なんだから、という安心感が子供側にも当然あります。

外国という遠い離れた土地へ行って見て、初めて感じること、自分を発見出来ることは、良くも悪くもたくさんあります。

都会からスイスへ来ると、自然が多く、アルプスの山が対極に感じられます。と同時に、お城やカテドラルを訪問して、ヨーロッパの歴史文化に触れたり、英語だけでなく、フランス語等も耳に入って来て、田舎なのに、ある種、洗練された雰囲気も同時に感じられます。

日本の都会から見るとスイスは、マンションに住む都会の子供にとっても、自然が親しみを持って迎えてくれる気がするのです。なぜなら、北アメリカの町の様に、車で何時間も走らせないと着かない広大さではなく、日本の町と同じように、汽車を使って歩いて行ける小さな町や村が点在しているからです。

更に、スイスのアルプス山の自然は、日本程の激しい天候変化があるというよりは、穏やかで、簡単にハイキングが出来る場所です。

そんな背景から、毎年スイスへ避暑とサマーコース(キャンプ)を兼ねて、訪れているご家族もいらっしゃいます。

未だ、来たことがなければ、ぜひ、一度スイスのサマーを体験して見られては?

スイスジャパンサポート


日本の子供達こそ、自分で考えて行動する力をつけてほしい。

子供って、本当に吸収が早いなと思います。

日本の子供同士のサマースクールでは、いつも日本語のスマートフォンいじりをしていた子が、スイスのサマーキャンプへ一人で参加して、外国人ばかりの英語の世界に浸ると、突然背筋が伸びて、学校のやり方について行こうと、英語の勉強にも必死になったのです。

つまり、脳が柔らかいうちに、いろんないい刺激を与えてあげることで、どんどん吸収していくんだな、と思います。

日本にいると、子供も学校、部活、塾と家のサイクルの中で、あっという間に月日が経ち、それ以外の環境へ行くのは無理だろうと、親御さんも心配されますが、普段の生活には目に見えない強い生命力が子供にも備わっていて、外国の学校のサマーキャンプへ行かせてみるとそれがよく分かります。

そういった眠っている潜在能力を引き出してあげることで、日常生活では感じられなかった気付きが芽生え、その後の学校生活に、より活力が湧いてくるのです。夏休みのほんの少しの間だけ親と離れて外国へ暮らしてみることで、帰ってきたら大人っぽくなることもあります。それは、独立心、自立心の成長です。

子供に“別の世界を体験させる”これこそ、留学の醍醐味です。

ある程度ルーティーンになってくると、それが当たり前になり、そんなもの、で終わってしまいます。気付きが芽生えたり、新鮮な思い、新しいアイデアが湧くこと、これらは、自分から主体的に考えて、行動することでしか、出て来ません。

人にいつも言われて行動するパターンの中では、何も生まれてこないのです。

積極的に自分で考えて行動すること、というのは、日本の学校教育の中で、どのくらい養われているでしょうか? 日本では、学校側の安全責任監督が大変強いこともあり、何もかもが御膳立てされていて、安全策の檻の中に居ることが、意外と多いのではないでしょうか?

というのも、スイスのサマーキャンプに来た日本からの子供が、「すっごい、良かった!日本なら、やらしてくれない、危ないっていうから。」と口にしていました。あるアクティビティに参加した時の感想です。

リスクがあることをやれ、と言うのではありません。

あんまり、これダメ、あれダメで子供達ががんじがらめにされてしまうと、反対に本来持っている本能としても身の危険を察知出来なくなる恐れがあります。

周りから言われてからやる、とか、何もしなくても大丈夫だった、適当にやれば、卒業できちゃうとか、そういうことが、未だに日本の学校では多い気がしますが、どう思われますか?

それに比べると、私が住むスイスの学校では、生徒たちは何かいつも必死に学習している様な気がするのですが、、。その代わりに、“休むときには休む“で、夏休み期間も長く、夏休みの宿題もないという、メリハリがあると思います。(スイスの学校制度については、次回のブログに記します)

吸収力のある若いうちこそ、積極性をトレーニングすることで、能力がどんどん開花していくし、自分から主体的に行動することで、将来の目標や夢も、より一層見えてくるものがあると思われます。

そこで、日本の子供達こそ、暗記的勉強の仕方から、自分で考えて行動する、そういうことを訓練する意味でも、スイスの夏休みのサマーキャンプ・コースにぜひ来てほしいと願います。

皆さんは、どう思われましたか?

 

スイスジャパンサポート 近藤

 


日本の子供達に、ぜひ、ヨーロッパ(スイス)を見て、世界の子供達と遊んだり、学んだりしながら、海外体験をしてほしい、と願ってやみません。”

日本は、欧州から見たら、極東と言われる遠い島国です。

西洋の地図を見れば一目瞭然、右の端の方に位置しているからです。当然、日本の地図は、太平洋のど真ん中にあります。

反対にヨーロッパは、日本から見ると、西の端にあり、やはり遠い感じがします。地理的に遠いばかりか、歴史、文化、言語も国によって様々で、近づき難い印象を与えていて、複雑そうだから余計遠く感じます。

私は、その近づき難い欧州へ、ぜひ、日本の子供達が小さいうちに来て、見て、他の国の子達と遊んだり、学習して、一緒に経験して欲しいなと思っています

その理由は、日本ほど、外国人の比率が少ない国も稀なのに、今後将来、日本は外国との関係をうまくやっていく機会が更に増えてくるからです。

今まで、日本の歴史の中には、外国人と肩を並べて生活したり、交わるという経験がありませんでした。なので、外国人との共存や関係性を学ぶのは、やはり小さい頃からしなくては、間に合わないと思います。

たとえ、国内にいて、英語を話そうとしなくても、外国人が以前よりも増して、日本にやって来ていますし、これからも更にやって来ます。

そんな中、日本だけにいると、どうしても、ヴァーチャルな情報しか入って来ませんし、日本に居る外国人の英語の先生だけでは、本当に外国を体験することは出来ません。日本の子供達にこそ、このスイスの雰囲気をぜひ、肌で感じて欲しいです

なぜ、そんな遠い所へ子供の時に~と言うと、北アメリカやオーストラリア、東南アジアは、日本から比較的近いので、行こうと思えば、大人になってからでも、簡単に行けるからです。まずは、遠いヨーロッパから子供の時期に、経験してもらい、外から日本という国を見て欲しいのです。

小学生~高校生の子供の時期は、感性が鋭く、たくさん吸収する時期なので、こういう時こそ、学校―塾―家の日常サイクルの中に、ぜひ、海外のサマー/ウインタースクール (あるいは短期留学)を取り入れて、体験してみることで、感動するはず間違いないです。

近藤

スイスジャパンサポート