月別アーカイブ: 2018年1月

カナダと比較して、スイス留学の醍醐味とは?

カナダのバンクーバーで暮らしていた人と話をしていて、スイスの場合と比較して思ったことがあります。彼女が留学生と関わって現地で仕事をしていた当時の生活と、スイスとを比べた時の印象です。

1. 共通点

  •  まず、冬の寒さはあまり変わらなかったりするそうです。カナダもスイスも冬は、 ウインタースポーツが盛んで、スキーやスノボ―をして楽しみます。場所によっては、カナダの方が気温が下回る様です。
  • 交通機関が便利で発達しているので、バンクーバーの様な町では、車がないと移動できないことはないということで、スイスもそうです。

 

2.今度は、例えば、日本からの留学生について考えてみた場合、どちらの国へ留学した方が勉強になるか?と思って、聞いてみました。

すると、結論的には、スイスの方が、刺激がある、と言われました。なぜか?

 

まず、概して、カナダ人はフレンドリーといいます。これは、統計からも周知の通りで、私自身のカナダでの体験もそうです。

更に、バンクーバーには香港からの移民が沢山住んでいます。そこで、カナダ人は、彼らの英語にも慣れているので、変な顔をしないで対応してくれる、とのことです。

それを考えると、欧州のスイスでは、話されている言語は、公用語以外にも沢山あり、移民だけでなく、難民も沢山います。 どの人と話すかによって、バックグランドの歴史や文化があるので、ただフレンドリーというよりも、言語だけではなく、どう対応するかというコミュニケーションスキルが必要になります。つまり、誰と何をどんなシチュエーションで話すかを、意識して、コミュニケーションする必要があるのです。

これは、スイスにある多国籍企業でも同じで、ミーティングの際に、参加するメンバーを見て、ファシリテーターが、「さあ、今日は、スイス語にしますか、ドイツ語で話しますか、とか、英語にしますか?」、とか、まず言語の選択から入ります(私自身の経験から)。

多民族国家なので、こうやって、組織内のコミュニケーションが機能します。

スイスはヨーロッパの真ん中に位置するので、ヨーロッパ系の人が多いのは当然です。統計的に、スイス人の3人に1人は、外国にバックグランドを持つ親の下で育っています。言語の裏には、文化歴史があるので、ヨーロッパの国がモザイクの様に成り立っていて、スイスはその中でも特に、様々な国際色豊かな人々が住んでいます。

そんな様々な文化や歴史が背景にある国々の子供たちが、ボーディングスクールに集まって来ます。もちろん、他の大陸、北アメリカ、南米、アジアからの生徒も来ます。

その国のバックボーンをリスペクトすることが、国際教育のベースとしているので、一つの国で、単にフレンドリーに接していればいいという単純な公式は当てはまりません。

世の中、グローバル化が進んでくると、ネイティブ以外の人が英語を使って、コミュニケーションする機会が増えます。例えば、ヨーロッパ人同士は、ビジネス等のシチュエーションで英語を使ってコミュニケーションします。その国のアクセントや訛りがあっても、何を話すかが重要なので、あまり気にしません。

ということで、今回は、コミュニケーションについて、少し書いてみました。

 

特にスイスのボーディングスクールでは、1.英語は、ネイティブの先生が教えるが、ツゥールとして、ネイティブのものだけではない、2、現地で他の欧州言語(フランス語やドイツ語等を選択または義務)も同時に習い、覚える、3、日本人としてのアイデンティティ維持とIB学習等の為にも、日本語学習を持続することが理想的、というポイントがスイス留学の特徴となります。

 

近藤

スイスジャパンサポート

 

 

 

 

 

 

 

 


小泉進次郎氏の対談抜粋~海外留学の重要性~

“これから、日本には「人生100年食堂」が必要だ”と題した、
特別対談:リンダ・グラットン×小泉進次郎が、東洋経済新聞社のオンライン記事(2018年01月01日付け)に掲載されていました。http://toyokeizai.net/articles/-/202617?page=6

興味深い内容だったので、ここにご紹介します。

まずは、この対談に至る紹介を記事より抜粋です。『ライフ・シフト 100年時代の人生戦略』の著者で、英国ロンドン・ビジネススクール教授のリンダ・グラットン氏。そして、自民党「人生100年時代戦略本部」事務局長で、『人生100年時代の国家戦略』に500日間にわたる激論の様子がつぶさに描かれた小泉進次郎衆議院議員。英国の心理学者と日本の政治家という異なる立場から、超長寿化に向かう日本社会の問題点と制度設計について語り合う。

ここでは、特に小泉氏の海外留学に対する見解について述べられている点を抜粋してご紹介します。

小泉:僕は3年間、アメリカで生活しました。大変だったのは、静かにしていることは、評価されることではないということです。自分自身を変える努力が必要だった。大事なのは、英語がうまいかどうかではなく、自分が何を考えているのかを伝え切る努力をすることでした。そして、手を挙げること。私はここにいるという証明をすることです。

海外留学をして、真の多様性とは何かということも理解しました。僕はよく若者たちに「自分が外国人になる経験をしよう」と話しています。自分が外国人になる。つまり自分がマイノリティになるということです。

すると、いままで当たり前だと思ってきたことが、当たり前ではなくなり、日本の常識や価値観は、ワンオブゼムだと理解するようになる。語学を学ぶ以上に圧倒的に大事なことです。

グラットン:おっしゃる通りです。経験の幅を広げ、他国を知るだけでなく、自分がマイノリティになる、これはとても重要なことだと思います。100年生きるのならばそのチャンスがあります。ぜひ若い人々には旅行してほしいと思います。日本が世界標準のものをつくろうと思ったら、まずは世界を理解するところからはじめなければなりませんから。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

このように、小泉氏の留学経験と海外留学の大切さについて語っており、同感です。言語のうまさそのものではなく、中身を鍛えること、どう伝えるか、自分が外国人になる、といった経験をすることの重要さを話しています。

皆さんはどう思われましたか?

スイスジャパンサポート

近藤