月別アーカイブ: 2017年8月

海外に住んでいて残念だと思う事。

日本にいて、日本の社会にどっぷりと浸かっていると気づかないことが、外国から俯瞰して見ることで、日本について気付いたり、思ったりすることも多々あります。

最近、中国の企業進出が躍進して来ると、日本企業の影がどんどん薄れ、ヨーロッパのスーパーや百貨店では、中国製のモノばかりが並んでいます。日本人が日本へ行って、炊飯器を下げて帰ってくるならまだしも、こちらの人がオンラインで、日本製の炊飯器を購入したいと思うようものなら、簡単ではありません。

ヨーロッパに長年、25年も住んでいると、日本の経済は、失われた20年来、どんどん後退している、つまり、日本は覇気が無くなっていると感じて、残念で寂しくさえ思います。

逆に中国は勢いを増して、ドイツやスイスなどの企業買収をしています。

これと平行して、スイスのボーディングスクールに来る中国人生徒の数もかなり増加しています。

中国からは授業料が高くても、相当数の生徒がスイスに集まって来ます。日本人の生徒の場合と比較してみると、日本人の定員には、まだまだ余裕がありますが、中国人の場合は、来たくても国籍割り当てで、切られてしまう程です。

つまり、中国は企業進出の勢いだけに終わらず、若い人員もどんどん海外へ来ているのです。もちろん、人口の規模の違いもありますが、中国の勢いというものを感じずにはいれません。

日本に必要なのは、元気ある、勢いですが、それは、若い人たちが持つ未来のエネルギーでもあります。

日本は教育面から活性化されてこないと、新しい発想が生まれて来ません。

それには、やはり、若いうちから海外に行ける人は行って、異なる視点から世界を見て来ることが、重要です。 どんどん、海外へ来て、今世界の中心である、西洋を見て欲しい、と心から思います。

ボーディングスクールへ来ると、日本の子供達が言うのは、食事についてです。日本は世界一美味しい国なので、寮生活の食べ物について、言ったらきりがありません。

 やる気の有る子には、ぜひ、海外の学校に来て、ダイナミックな世界の動きを体で感じて欲しいと思っています

スイスジャパンサポート

近藤