月別アーカイブ: 2014年11月

子供のはじめての海外留学の効用とは?

私が日本に来ると参加している、セミナーがあります。それは、経営コンサルタントの石原明氏が主催していらっしゃるセミナーです。彼の著書“成功曲線を描こう“の中に、次の様な下りがあります。

 “子どもは何を糧に大きくなるかというと、自分に自信を持つこと。それによって、大きく成長するのです。 (略)…自信は何によってもたらされるかといえば、親の強い愛情です。どうみても普通の顔なのに、とてもかわいく見えてたり、少々意固地な性格も見方を変えれば芯の強いしっかりした子だということになるのです。親が自分の子供だけは特別だと思っていてくれるから、その愛情で子供は安心して育つのです”

仕事や経営について書かれた本なのですが、彼はこのような子供の成長を取り上げながら、どうしたら、将来、成功に結び付く考え方ができるか等についても、とてもわかりやすく書いています。

例えば、日常生活の中で、親から四六時中否定的な言葉をかけられていると、どうせ自分はだめなんだ、と子供は思ってしまいます。

以前、米国人と結婚した友人の家族が遊びに来た時に、私が関心したのは、米国人の旦那さんが、幼い息子さんに、一生懸命、些細なことでもほめていたからです。

小さい頃から、いつも、“すごいぞ、すごいじゃないか。”とか“よくやった”とか、とことん元気づけて励ます、日本人のお母さんの多くは、概して、“早くしなさい、何してんの!”とか、逆をやりがちになってしまうので、その光景を見て、人の振り見て、我が振り直せ“如く、自分自身、子供を急かしているなと反省したことがあります。

 毎日の生活の中で、ある種の習慣ができてしまうと、その枠の中でしか、自分を見られないし、自分の可能性には気づけないですね。

子供も同じで、ましてや、周りに、“お前ってすごいぞ!”なんてほめてくれる人がいなければ、尚更です。

だからこそ、子供が、いつもの見慣れた環境から、全く状況の違う、海外に行って、留学に送ると、子供が急にしっかりしてきて、自信を持つようになるのです。

“私()にはできる“という自信が芽生えてきます。

“どんな状況でも大丈夫”という感覚です。

帰って来ると、少し大人びたようになって、親の方が驚く程です。

子供でも、ちょっと自分を、後ろからとか、遠目で眺められるようになれば、それは自立の芽生えです。

私のお客様のお子さんについても、保護者の方から、スイスに行って帰って来てから、急に大人びて、自信がついたようだ、ということを聞きます。

最近、若いお母さんと話していると、“自分でしっかりと歩いて行ける子供”、“逞しく育ってほしい“、“生命力のある子”というキーワードが、時々登場してきます。

どんな状況下であっても、“たくましく育って欲しい”、と思うのは、いつの時代でも親が子供に願うことです。近年、この先が読めない時代には、尚更のこと。

それには、まず日本という国を外から、海外から眺めてて見る、そして、更に、自分自身に視点に向けてみることで、子供ながらに、独立心が出て来るのではないでしょうか?

 留学の効用とは、若いうちに、コンビニも無い様な外国で、互いに外国語を話し、同世代の子供達と交わいながら、今まで感じなかった多くの気づきをもらって、感受性と考える力が養える絶好の機会だと、私は思うのです。

英語が分からなくても、子供は、最初は気にしなくていいんです。全身を使って何とか伝えようとしたり、あるいはスポーツで共通言語を見い出せるかもしれませんし、子供のうちは、遊びながら色々体感することを重視するべきです。

それと、大事なのは、文法の間違いを恐れて話さないのではなく、コミュニケーションすることこそが大切だと思うのです。

もちろん、言葉が伝わらずに、相当悔しい思いをするし、泣いてしまうこともあるかもしれません。

子供が、夏休みなどに、海外へ短期間留学し、何かしら、彼、彼女なりに吸収できて、ちょっとでも逞しくなって帰ってくれば、親としてもうれしいですね。

以上、子供の留学の効用についてでした。

 

 

 


~3歳から13歳までの子供が、スイスで海外留学体験ができる学校~

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここは、スイス・アルプス標高1200mにある、シャレー風の学校です。幼稚園に上がる前の3歳から、様々な国の子供達を受け入れ、預かっています。国際的託児所とか国際小学校とでも呼びましょうか。

それだけではなく、地元の子供達も通っていて、近くに住むお母さん達が子供を迎えに来るデイケア(託児所)と、ボーディング(寮)の両方があります。 そこで、ボーディングの子供達は、地元のお友達の誕生会に家へ招ばれたりもするそうです。これは相互にいい影響を与えると思います。

こちらの学校を見て、実際に子供達と接してみて分かるのは、目がきらきらしていることです! 自信が漲って、生き生きしているように見えます!

授業中のクラスへ見学に行っても、はきはきした返事が返って来ます。まさに、この学校の目指していることが、“子供に自信を持たせること”だそうです。それ程大人数ではないので、一人ひとりの子供に目が行き届いています。

 日本人のお母さんが心配になるのは、こんなに小さい頃に、遠い外国にやって大丈夫だろうか?ということです。当然出て来る質問です!

だから、お母様の方針によっては、1ターム(3か月間)だけとか、あるいは、半年とか、サマーコースだけとか、又は、スキーのあるウインターコースへ毎年送るとか、色と期間も学校と相談して選択できます

それだけでなく、学校に居る間に、バイオリン、ピアノ、乗馬、水泳、ダンスとかのお稽古も取ることができます

スイスでは、4歳から幼稚園に行くので、当然、それより前から他の子供達と遊ばせたり、色々な学習をさせたいお母さんは、ここへ預けます。お絵描きや遊びだけではなく、算数も学習させています。

その後は、日本の様に、幼稚園の年少さんと年長さんに分かれたクラスがあります。ここの特徴として、英語とフランス語の両方が使われていることです。 英語を話す先生、仏語を話す先生、其々当然ネイティブスピーカーです。

日本の子供達は、大抵、外国語が分からずにここにやって来ます。それでも、月日が経つと、生活習慣の中で、自然と言葉を覚えて、英語も仏語も理解できるようになり、いわば、バイリンガル教育を受けます。

しかも、日本語学習を続けたければ、日本人の日本語の先生が学校へ来るので、人によっては、週に2時間とか、オプショナルで取ることができます。言語教育は、やはり早い程よく、この年齢の子供達は自然と覚えて行きます。

プレ・フルーリの子供達を見ていて、ふと思い出したことがあります。 ちょっと個人的な話になりますが、参考として一例ですが、私の娘の場合です。母親は日本人ですが、父親がスイス人のハーフです。

娘が幼稚園の時に、毎年、日本の幼稚園に逆留学“させていました。長い時は、2か月です。その後、小学校は、日本の私立の小学校にも、短期間留学させていたことがあります。

 これを比較してみると、プレ・フルーリの方が断然いいです。なぜなら、皆同じ立場の環境にいるからです。彼女の場合は、一人だけ違う立場だったので、どうしてもお客さんになってしまいました。それと、受入側の先生の方も、特別ケースなので、もちろん慣れていない。

あとは、海外で幼児教育をさせたいならば、小学校前に始めた方がいいと思います。小学1年では、もう違和感が出てきてしまうので。 ただ、こればっかりは、当然私が決めるものではなく、本人の発育の様子を見てのご判断や、ご両親の考え方に委ねます。

箱に入った感じではなくて、伸び伸びした個人、自発性のある快活な子供って、特に東京の都会とかでは、あまり見ないですね。人間として、生き生きした感受性を養う子供時代を過ごさせるには、ここは、とてもいい環境だと思います。               

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  OLYMPUS DIGITAL CAMERA