月別アーカイブ: 2014年8月

耳より情報:スイス・プチ留学のススメ~お試し体験ができる学校。

前出のブログにも、スイスのプチ留学のススメを少し書きました。
今回ご紹介するのは、学校へ実際に入学する前に、”お試しができるボーディングスクール”についてです。 こんなことは、学校の公式サイトを見ても書いてないです。

担当者と私がじっくりと話した末、出てきた話なので。向こうも大きく宣伝さえしていないですから、ちょっと、これは、まさに今回、”耳寄りな情報!!”ということになります。

以前にもご紹介しましたが、スイスには、世界から生徒を受け入れているインターナショナル・ボーディングスクール(国際私立寮制学校)が、沢山あります。

沢山と言うのは、この小さい国にしては、多いという意味合いです。推薦できる学校は、15校あります。

その中には、設立百年以上という学校も少なくありません。一番古くて、設立140年という学校があります。こちらについては、この前のブログでもご紹介しました。

殆どの学校は、自国の生徒より、世界中から来ている生徒の方が大多数ですから、普通に考えて驚きです。

例えて言えば、ネスレもスイスの企業ですが、自国の売上額が(明確な数字は忘れましたが)、一桁の割合で、あとの90数パーセントは、海外に、グローバル展開しています。

スイスのボーディングスクールも、これに少し似ています。

余談になりますが、外国語に長けていて、国際取引に経験がある、という強みを発揮すれば、狭い市場の自国よりも、海外がメイン市場になるわけです。これが輸出国スイスの所以です。

さて、今回ご紹介するボーディングスクールは、つまり、まさにこのネスレ本社にほど近い、ヴヴェという町からバスですぐのところにある、フランス語圏にあります。

こちらも、レマン湖が高台から見える立地が素晴らしい環境にあります。

この学校を紹介する理由は、他にはない特徴が挙げられるからです。

今回は正規留学のお話ですが、①まずは、”1週間のお試しができる”学校ということをご紹介します。

なぜなら、これは、日本の生徒のように、かなり遠くから来る子供にとっては、とてもいいサービスと言えるからです。大金を払ったけど、やっぱり良くなかったと言ったら、相当な損害です。

日本的なサービスの様に思える程ですが、来てみて1週間タダで、学校に生活してみてから、本当に決められますよ、ということです。

 

 

 ②他の特徴では、スイス国内のボーディングスクールの中で、IB(インターナショナル・バカロレア)取得合格者の割合、が最も多かった学校ということです。

高校を卒業する前に、IBという世界の多くの大学に入学できる資格を取得する目的で勉強しますが、昨年度は、IB希望者全員が合格できたそうです。

スイスの数ある学校の中で、最も優秀だったそうです。

③それから、こちらの学校では、短期留学も受け入れているので、例えば、半年留学とか、1年とかでもOKです。

④また、ここは、スイスに住んで通学している生徒が大半(全校で生徒500名程)なので、寮生(80名程度)は、彼らのうちに招かれたりするそうです。

多くのボーディングスクールは、通学生の割合は、寮生より少ないのですが、こちらは逆転しています。かといって、通学生の全部がスイス人かというと、そうではなく、親がスイスで勤務している外国人が多いそうです。
夏は、アルプスへハイキング、冬は、スキーに、体力づくりにも力を入れています。場所柄、アルプスへ行くのも比較的近く便利です。かといって、山奥ではなく、市街地に位置しているので、移動しやすい環境はとても便利です。

もし、興味のある方は、こちらまでご連絡ください。www.swissjapansupport.com

 お子様のことを考えて、まずは、本人のやる気も見極めてあげて下さい。

自分の子供のボーディングスクール経験と、留学体験者としても立場を考慮して、納得のいくまで、ご相談に応じます。

 


スイス、レザンアメリカンスクールの留学<ブリッジプログラム>について

スイスのインターナショナル・ボーディングスクール(寮制学校)には、ユニークな留学プログラムがあります。

世界から留学生を受け入れている多くのスイスの学校では、学生の希望を聞いて、フレキシブルに対応している、という印象を受けます。

中でも、フランス語圏のレザン村にある、レザン・アメリカンスクールには、<ブリッジプログラム>という、ボーディングスクールへ、正規留学する前の、準備コースがあるので、それについてご紹介します。

日本や韓国の子供たちが、中学生、または高校生から海外へ留学したい場合、卒業が3月、新学期が4月という、欧米とは異なる時期から、中々留学開始時期が適応できません。

それを解決したのが、このプログラムです。

特に、英語が他の国の子供たちよりも、実際に使う点で弱いこともあり、このプログラムは、いわば本国での学期が終わり、または卒業と同時に、4月からスイスで、ESLを集中的に勉強するものです

目的は、秋に行うプレイスメントテストの為の英語学習で、プログラム終了後には、レザンアメリカンスクールの英語の単位を2単位取得できます。

ボーディングスクールの新学期が始まるのは、8月末~9月初めなので、4月~それまでの間に主に英語の準備をして、入学に備えるというプログラムです。

まず、①4~6月までの間は、1日4時間のESLクラスがあります。その他、通常の授業にも参加でき、ドラマ(演劇)、音楽、美術(ビジュアルアート)から選択できます。

そして、授業以外のアクティビティに参加でき、テニス、水泳、バスケットボール、ハイキング、乗馬、ロッククライミング、サッカーなどから選びます。

文化学習旅行が、5日間あり、ヨーロッパの都市へ学習旅行に出かけます。行き先は、パリ、ミュンヘン、ベネチア、フィレンツェなどです。

②6月には、イギリス・ポーンマスでの3週間のホームステイとESLプログラムがあります。午前中の授業が終わった午後や週末には、ロンドンなどに旅行へ行きます。

③夏になり、6月の末~8月半ばまでは、スイスのキャンパスで7週間のサマーコースに参加します。

1日約4時間の授業をします。ESLの他、選択科目がたくさんあります。例えば、演劇、コンピュータ、写真、マルチメディア、アート、音楽などです。

午後や週末の間は、スポーツアクティビティや観光、遠足があります。チョコレート工場に行ったり、美術館を訪れたり、ケーキを作ったりもします。

また、このサマーコースには、約1週間の文化学習旅行も含まれており、ヨーロッパの文化歴史に触れる旅行をします。

インターナショナルスクールから来るお子さんでも、正規留学をする前に、このプログラムに参加して、現地に慣れると、秋の新学期の勉強に、スムーズに取り組むことができます。

なぜなら、日本のインターナショナルスクールでも、海外で住んだことがないお子さんだと、そのリズムに慣れるのに、時間がかかるからです。

実際に私は、このブリッジプログラムの授業を見学して来ました。生徒数は、6~7人程度なので、小クラスとあって、寺子屋風です。大体10人には満たないそうです。

日本からやって来て、英語漬けになる、第一歩です。先生は親切丁寧に教えていました。学校英語でしか、英語を勉強したことがない子供もいますし、子供達は、日本各地から来ています。

さて、レザンアメリカンスクールという名前ですが、実際に行ってみると、あまり、米国のアメリカンスクールというイメージはないです。教育内容が、米国式でIB(国際バカロレア)が取得できるという意味では、アメリカという名前の通りです。

しかし、理事長さんはスイス人で、家族代々、60年間この学校を経営してこられ、建物は120年前の元保養施設で、レトロ風な建物、しかも、標高約1450mの、空気のいいレザン村にあるからです。

寮制の生徒数は、全部で約330名です。

ゆるいユニフォームもあって、つまり、色とかは少し選べるような感じですから、全くの私服ではありません。

その様な環境で、世界凡そ60カ国から来る子供たちと、学習や課外活動をしながら、グローバルなネットワークができるというのが、特徴です。

私は、地理的に海外との交わりが少ない、日本の子供こそ、一度、海外へ行って、外国から日本を見る目をぜひ、養って欲しいと願っています。これからの将来、いっそう、外国との関係や取引が重要になってくるからです。

英語脳を鍛えて、頭に組み込めば、日本へ帰ってからも、体で覚えていますから、使い分けができるようになります。

ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

スイスジャパンサポート www.swissjapansupport.com

 

 


留学のススメ:留学するかどうか、迷っているあなたに耳寄りな情報!

こんにちは。

今日は、 ”海外へ行くこと、そして留学のススメ”について、私が毎週聞いている、インターネットラジオ(podcast)、森辺一樹のグローバル・マーケティングから紹介します。

まず、Podcastインターネット番組は、iTuneから、無料でダウンロードできるので、大変便利です。 経済情報、英語学習、マーケティング、人生相談番組など、役に立つ情報もたくさんあるので、未だ一度も聞いたことのない方には、おススメです。  これだと、耳から情報が入るので、~(何か)しながらや移動中でも聞けて、ためになります。

その中に、2014年6月26日収録された、第103回 ”若者は、海外に出て行くべきか。” というテーマで、スパイダーイニシアティブの社長森辺さんが、話している放送があるので、ご紹介します。 http://www.spydergrp.com/  (HPの右下のグローバルマーケティングのiTuneで聞く)

結論から言うと、”迷っている位なら、海外へぜひ行きなさい” です。 もし、経験してみて、海外は嫌いだと思ったら、それが分かっただけでも、よかった、ということになりますし、何もしないのが一番よくないということです。 このお話に私も同感です。

日本という地理的に、小さい島国にいただけでは、絶対にわからないことが、留学することによって、たくさん見えてきます。 海外で、価値観や考え方の違いに遭遇し、日本国内でしか通用しない慣習等も、客観的に見えて、多くの気づきがあると思います。

ただ、この放送の中で、一つだけ私の意見と相違する点は、”私が勧めているのは、ヨーロッパにまずは行ってください”、ということです。 それは、遠くて、近づき難いい文化・歴史の中心地欧州へ、若い時に先に行って刺激を受け、学習体験する方がよい、と思うからです。

なぜなら、比較的近場で、アクセスもし易い北米やアジアに、後で行っても遅くはないからです。もちろん、予算や期間の問題もあるとは思いますが。  例えば、子供が小さい、小学生~中学生の時に、欧州へ夏休みに行かせ、短期留学をして、少し大きくなって、英語に慣れ、大人として、自分で判断できる年齢になってきたら、北米やアジアの近場に行かせるのは理想的です。

子供が小さいうちは、海外は色々と自分一人では、わからないことがあったり、治安が心配だったりするので、安全性が高く、豊富な自然環境、国内の移動がし易い国、そして、世界数十カ国から来る子供達とお友達になれる等、楽しく過ごせる環境がそろった、スイスへ行くのが理想的だからです。

また、大学生の場合であっても、ヨーロッパの中心地で、様々な国を行き来できて、文化歴史に触れながら、欧州の学生と触れ合うことで、日本人としてのアイデンティティーの出し方が、見えてくるに違いありません。  私も英語圏に留学をしていた時期もありますが、ヨーロッパから来ていた学生と知り合ったことで、その後、欧州への興味がぐっと湧きました。

留学するかどうか、迷っている若者がいたら、ぜひ、このpodcastを聞いて頂いて、肩を押してもらえば、いいなと思います。 (≡^∇^≡)