海外留学の神髄とは?

あるカウンセラーがラジオでも話していたのが、印象的でした。

それは、”誰でも才能があるが、それを一生の間に自分で自覚して見つけて、生かす人は少ない。

よほど、地殻変動でも起きない限り、平凡なまま、見出すに終わってしまう。地殻変動とは、

近親者が亡くなったり、離婚したり、失職したり、思わぬ出来事がそのきっかけになることも

ある。が、海外へ行ったり留学することで、それが起きることがある。”、という話です。

 

若いころに、将来本当にこれをしたい=というのが見つかるのは、限られた人に起こることと

言いますが、親にある程度の経済力があれば、子供のうちに、海外留学も含めて様々な経験をさせ

ていくことで、それを見出す環境を与えてあげることは可能です。

 

親はきっかけを与えてあげて、海外留学のスタートが早ければ早いほど、一生をかけてしたいこ

とが見えてくるはずです。

 

私の思う海外留学の究極の目的は、西洋かぶれになるのではなく、西洋で学習したものを、

日本に戻って来た時に、日本的なアイデンティティと日本的な体内のコアを融合して、創り上げる

ことだと思います。

留学は、西洋の教育システムで、英語を通して教科を学ぶわけですが、それは道具に過ぎませ

ん。それを使って、卒業後どうするのか、実社会で利用して、それを土台に進化させていくのがそ

の子供や人のクリエイティビティにかかっています。

 

海外に生活するというのも同じです。

ただ、その国に住んで馴染むだけでは何も生まれません。長く住めばいいというわけでもなく、そ

の人がその環境にいて、どう解釈するかにかかっていると私は思うのデス。

日本というバックグランドや今までの経験を生かして、その土地のものとミックスしなかったら、

あまり意味がないと思います。

だから、言語がいくら話せても、それで、、、それを使って何をどうするのか?

の方が重要と私は考えます。

 

日本の中にいると、価値観の多様性が想像出来なかったりするので、子供にはその子が健康で、

少しでも英語が出来たり、興味が持てたなら、一度は、夏休みだけでも構わないので、海外へ避暑

を兼ねて送り、様々な国の子とコミュニケーションして欲しいなと願います。

 

きっと、留学することで、今まで気づかなかったことに気づけたり、体験出来ると思います。

 

スイスジャパンサポート

近藤 美穂